スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれの2話

いい加減タイトルを誰か考えろっ( ゚д゚ )クワッ!!


これを書くときに参考で前のやつ読み返したんだけど(オチが気に入らなくて見るのも嫌だったのは内緒☆(ゝω・)vキャピ)

オチ以外はよかったのになぁ('・_・`)w

もったいないことした(*´・ω・)(・ω・`*)ネーw

まさかのガチホモおちはないわぁo┤*´Д`*├o アァーw


今回のおまけは何にしようかなぁオマケ考えるのが1番たのしいわぁwww



よむまえに見ておくと小ネタがわかるかいせつしゅう


サナリィとアナハイム・・・モビルスーツを作ってる会社。


TRANS-AM・・・あかくなってすごくぬるぬるうごく




しゃぶPのモビルスーツの活躍




あっちぇるのもびるすーつとファンネルの動き方











【アシャン遠域 ルレラーロ級大型戦艦 パキシル ブリッジ】




ライカ:TypeK.Y反応ロスト

イース:ほぅ、あれを墜とすか やるな連邦。 ライカ軍曹、データはどうなっている

ライカ:機体最大起動時のデータ及び、敵新型のデータ一部は受信しています。

ライカ:ですが、こちらで観測した大型の熱量前後のデータまでわ・・・

イース:なに、擬似人格コンピューターのテストにしては十分な収穫だよ。

イース:(やはりつついてみて正解だったな、アナハイムの新型か)



グラタン:イース大佐、アクセル・ウェイトリー少尉から通信が入っています。

イース:こちらに回してくれ



イース:少尉、そちらの首尾はどうなっている?
【アシャン近域デブリ内部】
アクセル:えぇ、大佐の言う通りですね。 新型は木馬もどきに収容されていきました。

アクセル:コロニー内部に侵入して手筈通りブースターを点火させますか?

イース:なに、見越していたとはいえ新型のお出ましだ、私も出よう。

アクセル:大佐が自らこちらに?

イース:あぁ、あと30分ほどで私のフローレンスも出られる。

アクセル:ですが・・・

イース:なに、連邦の重い脚では3時間はかかるよ

アクセル:了解しました。 アクセル隊、大佐のご到着まで待機いたします。



イース:MSデッキにフローレンスの様子を見に行く、ライカ、何かあったら呼んでくれ

ライカ:了解しました。




【パキシル内 MSデッキ】


イース:サビーネ中尉

ワ・サビーネ:大佐、サビーネではなくたまちゃんとお呼びください。

イース:フローレンスはどれほどで出れる?

ワ・サビーネ:・・・

イース:・・・

ワ・サビーネ:・・・

イース:・・・たまちゃん。。。

たまちゃん:はい、全駆動系圧力正常、残りはシステム系の最終確認のみです。 時間にするとそうですね@20分もあれば十分かと

イース:ほぅ、早いな。

たまちゃん:このフローレンスは、第2次ネオジオン抗争時にシャア・アズナブルの専用機体として開発されたナイチンゲールをベースにしながらも、ムーバブルフレーム全体のサイコフレーム化、うちの新型素材、ガンダリウム合金セラミック複合材を使った外装甲の軽度化に加えてハニカム構造を取り入れることにより排熱性と強度の強化、大型化した機体に十分な推力と反応性を取り入れるため、従来の核ジェネレーターではなくこちらも新型のミノフスキードライブによる高出力化、加えてビームライフル自体の機構を見直しV.S.B.R化したことにより、高火力だけではなく、火線の切り替えを可能にしていますね。

たまちゃん:ま、簡単に言えば、見た目と機構は似てるけど中身は別物ですねぇ、どちらかというとサザビー寄りですしねぇ

たまちゃん:ミツバチとスズメバチくらいには違うんじゃないですかぁ


イース:装備の内容は?

たまちゃん:V.S.B.R式メガ・ビームライフル「ナハトガル」、ABCシールド、ファンネル10門、ビームサーベルが左右2本腕の中にマウントされてますよぅ

たまちゃん:osの確認がてら乗ってみますかぁ?

イース:そうさせてもらおう







【アシャン近域  ハーレムエース ブリッジ】

胡蝶:cl収容完了しました。

ハンズ:パイロットをルーム3に待機させておけ。 俺もすぐに向かう

カレス:私も行きます。



【アシャン近域  ハーレムエース MSハンガー】

やんぐめん:でけーなぁ

ラァス:そうね、パイロットは?

やんぐめん:あ、ラァスさん、今度の休暇には肉食べたい肉

ラァス:分かったわよ・・・

がっつ:あれ、ラァスさんが乗ってると思ってたわ

しゃぶP:んですねwww

ラァス:民間人よ。

がっつ:マジかよ。

ルーデルト:やっと出番か

しゃぶp:無理に出てこようとしないでもいいすよwwwwww

ラァス:ところでルーさん今まで何してたの?

ルーデルト:完美

しゃぶP:仕事さぼってネトゲっすかwwww

ルーデルト:お前に言われたくねーよwwww



がっつ:出てきた


ルーデルト:まだ子供じゃねーか


ラァス:(やっぱりあの時の子) 私の事は分かるわね?

サリア:ラァス・・・さん、ですよね

サリア:あの、サラはサラはどこですか

ラァス:私が医務室に連れて行ったわ、軽いショック状態だけど心配はないわよ。

サリア:よかった。





やんぐめん:あ、こちょさん、パイロット出てきたけど拘束する?

やんぐめん:了解。



サリア:あの、私はこれから・・・

やんぐめん:手を前に出して

サリア:はい?

ガチャ

サリア:いきなり手錠なんてなんですかっ?

サリア:離してよっ!

がっつ:・・・

しゃぶ:・・・

ルーデルト:・・・

サリア:っ・・・ラァスさんも何か言ってくださいよ


ラァス:これが軍の機体だってことは見て分かったはずよね?

サリア:それわ・・・

ラァス:民間人が軍の機体を私的に使用して軍事行動を行ったことは極刑も適用される重大な軍規違反よ。

サリア:そんな、あのままじゃあなただって死んでたかもしれないんですよ?

ラァス:情状酌量の余地はあるとは思うけど、それを判断するのは私ではないわ、今は少し大人しくしていて。悪いようにはしないはずよ。

サリア:離してよっ 行くって言うなら、一人で行くよっ!

やんぐめん:そういうわけにもいかねーだろ、素性の知れない民間人に艦内を1人で歩かせるわけにいくかよ。

サリア:・・・ッ

ラァス:こんなことは言いたくはないけど、あなたとサラさんは状況的に見て一心同体よ。

サリア:なにが、何が言いたいんですか

ラァス:あなたの態度が反抗的と認められれば、当然サラさんの扱いも考えなおさないといけなくなるわ

サリア:つまり、人質ですか。
サラを人質にして私に言うことを聞かせて。。 それが軍のやり方だって言うんですかっ?
私だってこんなもの乗りたくなんてなかった、ほしいならいくらでもくれてやりますよっ


ラァス:ぐめん、連れて行って

やんぐめん:いくぞ

サリア:あんたなんて助けなければよかった、あのまま墜とされてればよかったんだ。




ルーデルト:ラァスさん・・・

がっつ:少しきつく言いすぎたんじゃないですか?

ラァス:いいのよ。 誰かが悪役になってあげたほうがあの子のこの先を考えるといいことなのよ。







しゃぶP:(言えねぇ、この空気の中トイレ行くとか言えねぇ)

しゃぶP:(ノーマルスーツのトイレパックは残り2割ほど・・・宇宙を感じて解き放つんじゃなかった。。。)

がっつ:しゃぶ、あの子、どうなると思う?

しゃぶ:(振るな、おれに話を振るな今この終りの見えない状況で動いたら・・・出撃るっ!)


ルーデルト:しゃぶ?

しゃぶ:(こっちみんなハゲッ、毟るぞ? あ? 毟るぞこら???)

ラァス:まさか、どこかケガ? 痛む? 見せて

しゃぶ:(さわんなやこらぁ・・・ 腹部は、やめてマジで・・・)




しゃぶ:いやあの・・・ウッ あの子に俺らは助けられたのにこんな仕打ちって・・・ヒック

がっつ:しゃぶ・・・お前・・・




しゃぶ:俺の股間も泣いてるんすよ!!!!!








【ハーレムエース ブリーフィングR3】


やんぐめん:ここで待ってろ

サリア:だったら離してよっ

やんぐめん:すまなかったな

サリア:なんですかいきなり

やんぐめん:みんなが生きてここに居られるのはお前のおかげだ。 ありがとな


サリア:だったらあんな真似しないでくださいよ。

やんぐめん:俺はもう行くが外からロックさせてもらうから、おとなしく待てってくれ。

サリア:・・・




サリア:(しょうがない・・・しょうがない・・・私はやるしかなかったんだ。)










コンコン

サリア:はい

ハンズ:入るぞ

ウィ-ン

ハンズ:お待たせしたね。

サリア:別に、待ってはないです。

ハンズ:そうか。

ハンズ:改めて自己紹介させてもらおう、私は当艦艦長ハンズ・C・レグス、君はサリア・チェリ・コーナスさんでよかったかな?

サリア:そちらの方わ?

ハンズ:カレス・ベナス大尉だ。

カレス:よろしくおねがいします。  なにか?

サリア:いえ。

ハンズ:では、話を聞こうか。







【ハーレムエース MSデッキ】


ラァス:またシステムエラー

やんぐめん:どうなってんだこのMS、パイロット認証性なんて珍しくもねーけどシステムが複雑すぎるだろ

胡蝶:動きませんか?

やんぐめん:ALICEシステムの発展形のシステムなんだろうけど、機動段階の認証で登録したパイロット以外の搭乗をはじいてやがる

がっつ:システムのことはわかんねーけど、俺らが乗っても動かないってこと?

やんぐめん:今のところはなぁ

しゃぶ:ちょっとやってみてもいいすか?www

ラァス:それじゃ代るわ

しゃぶ:ありがてすw

pilot entry
Name:
clGandam
-system of alia-

しゃぶ:シャブ・P clガンダム、行くすよ

Entry denied

しゃぶ:おほっw



pilot entry
Name:
clGandam
-system of alia-

しゃぶ:シャブ・ピー・プル clガンダム ぷるぷるぷる~~っ!!!!!

an indelicate joke

しゃぶ:おほっwwwwwwwwwwwwwwwwwツッコんできおったwwwwwww



pilot entry
Name:
clGandam
-system of alia-

しゃぶ:シャブア・フロスト 私の愛馬は凶暴です

Warota

しゃぶ:わwwwwwwwwwろwwwwwwwwwwwたwwwwwwwwwwww



pilot entry
Name:
clGandam
-system of alia-


しゃぶ:つぎはどうしようかなwwww

がっつ:ちょ、俺にもやらせろよwwww

ルーデルト:次は俺だろwww


ラァス:もうあきらめなさいよ・・・




やんぐめん:すげーな、システム自体に成熟した人格が封入されてやがるのか

胡蝶:どういうことですか?

やんぐめん:見ての通りこんな大型の機体の操作をあんな子供が満足に動かせるとはおもわねーだろ?

胡蝶:えぇ。

やんぐめん:aliaシステムとかいう疑似人格と操作を折半することでパイロットの能力に関わらず一定水準の操作を実現させてたんだな。

胡蝶:ごめんなさい、もう少しわかりやすくしてもらっても。

やんぐめん:あぁ、簡単にいっちまえば、システムとあの子の2人で操縦してたってことだな。

やんぐめん:疑似人格自体はサナリィでも開発されていまじゃもう珍しいもんじゃネーけど、ここまで完璧にシステムに組み込んであるのは初めて見たわ





【ハーレムエース ブリーフィングR3】


ハンズ:話は分かった。  だが、我々は君を処罰しなければならない。

サリア:・・・

ハンズ:そう睨むな、悪いようにはせんよ。


カレス:あの、機体。  抽象的になってすまないが、どう感じた?

サリア:変なこと聞きますね。  どうもこうもないですよ、なんで私があそこまでやれたのかも自分でもわかりません。   ですが、不思議と怖い気はしませんでした。

カレス:そうか

ハンズ:カレス大尉、もういいか?

カレス:ええ

ハンズ:では、処分は追って伝える、すまないがそれまではここで待機にさせてもらうよ。

サリア:あの、サラわ・・・

ハンズ:君には悪いが・・・彼女は保護した民間人扱いにさせてもらおう。

サリア:よかった。

ハンズ:では失礼する。



カレス:なにか?

サリア:・・・いえ。 


ハンズ:カレス大尉行くぞ

カレス:はい、私も失礼するよ。

サリア:はい。


ウィーン


サリア:(アドニスのピアス・・・私のはどこにやったかな。)

サリア:(疲れたな。少し、眠ろうかな。)





【ハーレムエース ブリッジ】

ハンズ:マコ、周囲に敵影わ?

マコ:はい、戦闘後なのでデブリの反応が強すぎて精密な感知は難しいですが目立った反応はありません。

ハンズ:そうか。

ウィーン

胡蝶:カレス大尉、戻っていたんですか。

カレス:えぇ、何か?

胡蝶:やんぐめん曹長がclガンダムについて聞きたいことがあるから時間が取れたらMSハンガーにって

カレス:分かりました、行ってきますね。

ウィーン


ハンズ:我々は敵の目的が不明な以上、増援が来るまでは当宙域で第2種戦闘待機とする。

ハンズ:増援が到着次第、コロニー内に入り生存者の救助に向かうとする。 

胡蝶・マコ:了解






【ハーレムエース MSデッキ】

カレス:やんぐめん曹長

やんぐめん:わざわざ呼びつけてすみません

カレス:いえ

やんぐめん:このガンダムなんですけど、パイロット認証性のシステムが複雑すぎて別パイロットで使用できないみたいなんですが

カレス:そんなことはないはずですが。 すこし、見てみましょう。

カレス:本来の受領予定者はラァス少尉でしたね?

ラァス:はい

カレス:コックピットまでいいですか





pilot entry
Name:
clGandam
-system of alia-

カレス:ここで生体データは認識してるので、後はパイロットとして登録名を記憶させるだけですね

カレス:登録してみてください。

ラァス:ラァス・ラ・フィーリア・・・です。

Entry denied


カレス:驚いたな、システムのバグか?

しゃぶ:ラァスさんかわってかわってwww

ラァス:はいはい

しゃぶ:カレスさん見ててくださいよwwww




pilot entry
Name:
clGandam
-system of alia-


しゃぶ:遮那・P・セイエイ 未来を切り開くっ!!!


You’re not Gundam!


しゃぶ:俺はガンダムにはっなれないっwwっうぇwwwwっうぇwwwwwww


カレス:これはすごい。  
テスト段階ではこんなレベルで受け答えできるような人格データではなかったのに。

やんぐめん:と、なると、仕様上ではなく、人格データのバグですかね


カレス:えぇ、サリア・チェリ・コーナスが弾かれるかどうかも知りたいところですがね。

やんぐめん:まぁそれは、難しい話ですね。






【パキシル】
ワー・サビーネ:作業遅い! たかしとっくにタイムオーバーよ?

たかし:さーっせん

イース:なに、サビーネ中尉、まだ予定の範囲内だ。 
急がないとは言えないが、不良を起こしたのではつまらん、確実な仕事を頼むよ。

ワー・サビーネ:・・・

イース:・・・

ワー・サビーネ:・・・

イース:・・・たまちゃん

たまちゃん:了解しました。 ありがとうございます。






【アシャン近域 デブリ内】

アクセル:遅いっ 大佐は何をやってる

07:そういきり立たないでも

アクセル:あんな木馬もどき、我々だけで墜としてグラナダにアシャンを落せば全部型が付く!

ソラヒ:そう言われてもですねぇ

アクセル:だいたい大佐は自分の新型を試したいだけなんだ、そんなことに俺たちが付きあわされるなんて馬鹿げてるとは思わないか?

ソラヒ:えぇ・・・エー。。。 お仕事ですからぁ

アクセル:ッチ、俺はあと10分しか待たないからなっ




【ハーレムエース ブリッジ】

ハンズ:マコ、コロニーの様子はどうだ?

マコ:コロニーとしての機能は完全に停止、一部の推力系は生きてるみたいですが。内部にはもう大気もない状況でしょうね。

ハンズ:そうか。  増援はいつになる?


マコ:フォンブラウンからサラミス級が2隻、後1~2時間ほどで来れるみたいですね。

ハンズ:そうか、はやく休みたいものだな。

マコ:ですね。



マコ:え?  デブリ内から中型のMSと思われる熱量感知、1機?

マコ:攻撃来ますっ、えっ? 24方向? 24地点からロックされてます

ハンズ:第1種戦闘配備総員衝撃に備えろ、対空迎撃を厳に、マコ熱源は1つだな?

マコ:はい、本艦直下3時の方向です。

ハンズ:本艦直下3時の方向に対空迎撃を集中しろ、艦橋を中心にABFミサイルを配置、直上及び5時から1時の方向にフレア撒け、何もないよりはましだ。

ハンズ:胡蝶、msは出せないな?

胡蝶:はい。





【アシャン近域デブリ内】


アクセル:いけよっファンネルッ!



ソラヒ:ちょっと命令無視はまずいですよぉ

アクセル:うるさい、お前らはここで待ってろ

07:そういうわけにもいかないでしょう

アクセル:お前らはここで待機、これは命令だ。

ソラヒ:勝手だなぁ




【ハーレムエース ブリッジ】

マコ:中央カタパルトに直撃っ

ハンズ:隔壁閉鎖急げよ!

ハンズ:(こんな時に厄介なのが来るか) 胡蝶、機種の特定できるか?



胡蝶:おそらくはクシャトリアの派生型と思われます。 光学メインモニターに出します

ハンズ:4枚羽、ジオンの亡霊がっ。



【ハーレムエースMSハンガー】

ラァス:やんぐめんっ出せる機体はないの?

やんぐめん:無茶言うな!

ルーデルト:俺のネモは出せないの?

やんぐめん:バーニアもスラスターもラァスさんのRGZに換装して・・・RGZはあのザマなわけだ

ラァス:ごめんって!

がっつ:くそっこんな時になんにもできないなんて俺ら何してんだよ。




【アシャン近域】


アクセル:早く出て来いよっガンダムっ

4枚の羽根がそれぞれ爬虫類を思わせる大口を開き、その中へと飛び込む小鳥のように供給されたエネルギーを撃ち尽くしたファンネルが飛び込んではカワセミの狩猟のような軌道を描きハーレムエースの周りに散らばる。

一瞬の静寂の後には単体では感知されないような微かな熱量からは想像だにしない火線が24個に及ぶファンネルビットから撃ちだされ全方向からの攻撃をハーレムエースに撃ちつけていた。


アクセル:フレアで標準を取りにくくした?  俺をなめるなよっ・・・・

アクセル:そこぉぉっ!!




【ハーレムエース ブリッジ】

マコ:左カタパルトに直撃、消化班急いでっ

ハンズ:チッ


胡蝶:右カタパルトハッチ解放警告

ハンズ:誰だ、この忙しいときに

胡蝶:カタパルトハッチ内聞こえますか、何しているのですか



しゃぶ:このまま死ぬわけにはいかないすからね

胡蝶:しゃぶ少尉自分が何しているか分かっているんですか?

しゃぶ:俺は誰かが死ぬのも、俺が死ぬのもホントに御免だって思うんすよ。
だから・・・たとえ無駄でもやれることはやりたいす。

胡蝶:しゃぶ少尉・・・

しゃぶ:行きますよ。



しゃぶ:強制解除っ!!!



胡蝶:しゃぶ少尉が作業用のデスペラードで出ました。

ハンズ:なにをしている、死ぬ気かっ!




アクセル:出てきたっ!  


アクセル:作業用のモビルースーツだと・・・なめやがってぇぇぇ


しゃぶ:あれかっ


羽状のバインダーにマウントされたビームサーベルを引き出すと、4枚の羽を花弁のように広げその巨躯に似合わぬ加速でデスペラードの眼前へと飛翔する。


しゃぶ:ほぅ速いなっ だが、まだ未熟だ。


しゃぶPが作業用のギアを入れ替えるとデスペラードはその急激な速度の変化に耐えきれずに姿勢を崩し前方へと身を投げ出す、その勢いを利用し、前方に迫ったクシャトリアのビームサーベルをすり抜けると、その花弁の1つを踏みつけると背中にマウントされたヒートスコップを背中越しに放り投げた。


アクセル:俺をっ足蹴にしたぁぁぁ

加速の勢いのまま前転し、再びデスペラードを正面に捉えようとする、

ガギンッ

衝撃とともにモニターに損害箇所と状況が表示される

アクセル:直撃だとっ!?

デスペラードが投擲したヒートスコップがコックピットを覆った羽に突き刺さり、鈍い音と光を生み出していた。


しゃぶ:コックピットを撃ち抜くつもりだったが、反応のいい「機体」だな

しゃぶ:胡蝶聞こえるか、カードリッジ式のビームライフルを射出しろ。

胡蝶:ですがっ・・・

しゃぶ:なに5発も撃てれば十分だ、それにどこに出されようとも受け取ってみせるよ。

胡蝶:了解です 右カタパルトよりそちらに射出します


しゃぶはアクセルを踏み込み突進をかけるが、クシャトリアは大きく羽を開き突き刺さったヒートスコップを振り払うと、胸部からスプレー状に拡散したビームを噴射する。



骨伝導と同じ原理で機体同士の接触により可能となる接触回線から老獪とも取れる不気味な声が流れ出す。

しゃぶ:モビルスーツによる戦闘というものは機体の差がすべてではない。
それを教えてやろうひよっこ


デスペラードとスコップを払い落そうと、蕾が開くように上がる羽の上に機体を滑らせながら突き刺さったスコップを引き抜くと、本体と羽をつなぐ関節部を狙いヒートシャベルを突き立て、その羽をもぎ取った。



アクセル:なんという運動性っ こいつも新型かっ

しゃぶ:ただの作業用モビルスーツだ


オープンチャンネルから流れる声が神経を逆なでる感覚を感じると、機体を回転させデスペラードを振り払うと、いびつになった花弁からまき散らすようにファンネルを射出する。


アクセル:行けよっファンネルっ!


しゃぶ:やはりファンネルっ

デスペラードは背面から水中に飛び込むように機体を回し潜っていく、その跡を規則的でありながら不規則な足場を組むように火線がなぞっていく。


アクセル:・・・  捕まえたぁぁぁぁ!!

デスペラードを追っていたのとは別方向から回り込んだファンネルが正面にその姿を捉える。

アクセル:俺をなめるからっ!



しゃぶ:胡蝶、いいタイミングだ。


背後から追われる火線をかすらせながら速度を合わせハーレムエースより射出されたビームライフルを受け取ると再びギアを上げながら正面に感じる違和感に火線を放り込む。


しゃぶ:私もかつてはニュータイプと呼ばれた男だ








【ハーレムエース ブリーフィングR3】

サリア:・・・ん?

サリア:・・・戦闘?


サリア:(・・・どうでもいいか、ここには正規の軍人がいて何とかするんでしょう)

サリア:(私には関係ない・・・)



ウィーン


カレス:サリア・チェリ・コーナス

サリア:なんですか? ノックもせずに失礼だと思いませんか?

カレス:君には今からガンダムに乗ってもらう

サリア:乗るなっていったり乗れっていったり勝手ですね。

カレス:君は今の状況が分かっているのか?

サリア:分かる気もありませんし、分かりたくもありません。

サリア:ここには強い軍人さんが居て、みんなを守ってくれるんでしょう?

カレス:お前っ

サリア:まぁ、コロニー1つ見殺しにした軍人さんには私はもう何も期待はしませんけどね。

カレス:お前がそう思うんならそれでもいい、ならば自分の身は自分で守れ。

サリア:あの機体があればだれだってできるでしょう。 ラァスさんにでもやってもらえばいいじゃないですか?

サリア:だいたいなんです? 2回目の無断使用とか言って今度は銃殺にでもしますか?
それともあのコロニー内に送っていただけるんですか?


パーン

サリア:痛いですよ、軍人が民間人に暴力を振う。 これこそ軍規違反だ。

カレス:いいから乗れ

サリア:私がやらなくたって誰かがやりますよっ! 私ができるわけないじゃないですかっ

カレス:現にお前はやっただろう?

サリア:たまたまできただけですよ。 そう何度もできるもんじゃないです。


カレス:ならお前はこのままここで死ぬんだな?

サリア:知りませんよ。 私はそんなことに責任も、義務もない立場の人間だ。

カレス:そうか、ならお前はここで死んでもいいな。

サリア:軍人のあなたが責任を果たせばいいでしょう

カレス:あぁそうだな。 俺たちはいつ死んでもいいという覚悟はしてあるつもりだ。
だが、あのサラという子はどうかな?

サリア:・・・ッ!

パーン

サリア:またそうやって人質かっ!

カレス:民間人の軍人に対する暴行も軍規には反するよ、サリア・チェリ・コーナス。

サリア:そうやって上から押し付けて、人の気持ちも考えずに従わせようとするっ!

カレス:人は抗えない流れの中を生きている。 お前も、俺もだ。

サリア:そうやって達観したふりをして、あんたの言ってることはなんです?
死にたくなければ殺せってことでしょ?

カレス:命令は俺が下した。 標準はシステムが付ける。 お前はただそこにいて引き金を引けばいい。
それがここに居るお前の義務だ。

サリア:・・・ッ 私に人殺しになれって言うのか。








【戦闘宙域】

しゃぶ:・・・チッ  持久戦ではこちらが不利かっ


アクセル:とっとと楽になれよっポンコツゥゥゥゥ


クシャトリアのバインダーに出入りを繰り返すファンネルも確実に数こそ減ってはいるが、それ以上にもともとの用途すら違うデスペラードではここまで持った方が奇跡であると言ってもいい状況であった。

受け取ったビームライフルもエネルギーが切れ、右足をもぎ取られ、高出力のビームライフルを支え続けた右腕もすでに配線がショートし、デットウェイトと化していた。


アクセル:ほらいけよぉぉぉ!


デスペラードを360度囲むように配置された14基のファンネルから一斉に火線が放たれる


しゃぶ:私もここまでか・・・



だがっ!



TRANS-AM っ!!!



デスペラードのGN水素エンジンから赤い粒子が放出されると機体が粒子をまといながら赤く染まり、死角のない檻をすり抜けた。


アクセル:機体が粒子化したっ?  あれは残像ではないっ残像ならすり抜けることなんてできないはずだっ

アクセル:やはり新型かっ


モニターを追うも、赤い粒子を煌かせた光の跡のみをのこし、高速で機動するデスペラードを捉えることは容易ではなかった


しゃぶ:ぽんwwwwwwぽぽんwwwwwwwぽんwwwwwwぽぽんwwwwwww

しゃぶ:アーアアーwwwwwwアーアアーwwwwwアーアアーwwwwwアーアアーwwwwwアーアアー wwwwwwww

しゃぶ:GNシャベルビット展開


デスペラードの背中にマウントされた6基のスコップがGN水素エンジンが作り出す光の輪に沿うように展開するとデスペラードの周りをファンネルと同様に漂いながらもそれぞれが意志を持つかのように動き始めた。


しゃぶ:遮那・P・セイエイ 目標を駆逐する


アクセル:07、ソラヒ見ていたな?全員でかかるぞ

07:了解

ソラヒ:嫌なんですけどぉぉ


アクセル:来るぞ


赤い光を引き連れ亜音速にも達する速度で飛翔するデスペラードはその周囲を追従する6基のシャベルを1つのシャベルの形に連結すると1つに大きなシャベルを形成した

しゃぶ:GNバスターシャベル


ソラヒ:来るなっ来るなぁ

ビームマシンガンを連打するもその火線をすり抜け、粒子化しながらもデスペラードはさらに加速を続け、6本のシャベルからなる巨大なシャベルがギラズールの足を薙ぎ払うと同時にシャベルは6基のシャベルビットへと分解するとメインカメラ、両の腕に突き刺さり、ギラズールを無力化した。


アクセル:ソラヒ、下がれっ 07ソラヒの援護に迎え

07:了解

残り3本になったシャベルビットへと意識を集中し、ファンネルを走らせる

アクセル:そこだっ

複雑に独立した軌道を描くシャベルをファンネルが追い、それぞれが独立した肉弾戦を行う。

しゃぶP:シャベルに気を取られすぎだ

シャベルを追うことに意識の大半を注いでいたアクセルの視界に突如赤い粒子が散りばめられると金属のひしゃげる音がコックピット内に響き、花弁に守られていたはずのクシャトリアがその姿をさらした。


アクセル:くそっ


胸部からスプレー状のメガ粒子砲を撃ちだし、デスペラードから距離を取りなおす。


コックピット内にロックオンのアラートが鳴り響くより先に後方に火線が2本降り注ぐと、粒子化したデスペラードに直撃していた。





イース:命令無視の罰にしては少々痛い目を見過ぎたようだな少尉。

アクセル:大佐っ もう1機の新型がっ

イース:あれは新型などではない、プレッシャーに惑わされるな。

アクセル:ですがっ・・・ 

イース:撤退したか、いい判断のできるパイロットだな

イース:状況を聞こうか少尉




【ハーレムエース ブリッジ】

胡蝶:しゃぶ少尉のデスペラード収容しました。

マコ:クシャトリア、および敵新型動きありません

ハンズ:こちらが攻撃しない理由にはならん、対空砲火撃て。



【ハーレムエース MSハンガー】

やんぐめん:どうしてみんな壊しちゃうの???

しゃぶ:すまねすwwww

ルーデルト:ひくわぁ

がっつ:ひくわぁ

ラァス:機体の上に滑り込んだ時点で結構引くのに

ルーデルト・がっつ・ラァス:TRANS-AM はないわぁぁぁぁ

しゃぶ:wwwwっうぇwっうぇwwww

ラァス:GNシャベルビット展開はないわぁぁぁ

ルーデルト・がっつ:ないわぁぁぁ

しゃぶ:wwっうぇwwっうぇwwww

ルーデルト:完全に展開が迷子だわぁぁぁ

ラァス・がっつ:ないわぁぁぁぁぁ

しゃぶ:wwっうぇwwっうぇwwww

がっつ:俺らの出番まで2話で回ってきそうも

ラァス・ルーデルト:ないわぁ。。。

しゃぶ:すまねすwwwwすまねすwwwwwww

ルーデルト:もうしゃぶは番外編要員でいいんじゃねーの?www

がっつ:もうこいつ出撃すなよwww

しゃぶ:ひどいwwwwwwいぢめカコワルイwwwww




【戦闘宙域】

イース:そうか、新型はまだ出ていないか。

アクセル:はい。

イース:命令無視の罰はもう十分に受けたであろう、少尉はコロニーへ向かえ。

アクセル:ですが・・・

イース:その機体ではどうにもなるまい

アクセル:了解しました。


イース:仕掛けてみるとしようか


【ハーレムエース MSハンガー】

がっつ:うおぉぉぉぉ来るよぉぉぉやべぇぇぇ

ルーデルト:ぐめん早く俺のネモ直せ!

やんぐめん:無理いうなし

しゃぶ:俺が今度はバズーカ持っていくしかない

ラァス:ダグザさんが浮かばれなくなるからやめて




サリア:どいてくださいよ、そんなところでモニターに大の大人が何人もかじりついてたって状況は変わりませんよ。



ラァス:あんた・・・

サリア:なんですか? 今度はカレス大尉の命令で出撃するんです、あなた達に止められる筋合も拘束される筋合いもありませんよ

ラァス:あんたはそれでいいの?

サリア:こんなところでモニターにかじりつくしかできない大人に自分の事もサラの事も任せられません。

ルーデルト:お前口のきき方には気をつけろよ

サリア:殴るなら殴ってくださいよ、それで気が済めば安いもんですね

ルーデルト:お前っ

ラァス:やめなさい

ラァス:あなたがそう選んだのならそれはそれでいいわ、でも・・・

サリア:もう行きます。  こんなところに居てもなにも変わらない、ただ危ないだけだ。ブリーフィングまで下がっていてください。





【ハーレムエース ブリッジ】

マコ:敵新型来ますっ

胡蝶:クシャトリア離脱、コロニーの方に向かいます。

ハンズ:クソッ、左舷弾幕薄いぞっ何やってんのっ


ウィーン

カレス:遅くなりました。

ハンズ:フンッ いくら我々とは立場が違うとはいえ関心せんぞ大尉。

カレス:すみません。 代って

胡蝶:私ですか?

カレス:あぁ



カレス:cl右舷上げます。

ハンズ:なにを勝手なことを

カレス:そうも言ってる場合じゃないです。

ハンズ:貴様ぁ

カレス:処罰なら終わった後に月で聞きますよ。

カレス:いいな、サリア聞こえたか?

サリア:はい

カレス:この状況ではカタパルトによる射出は危険だ、ハッチを開けたらそのままそちらで解除して出てくれ。

サリア:了解


pilot entry
Name:Salia chery corners
clGandam
-system of alia-


サリア:cl起動しました。 いつでもどうぞ

カレス:操作はさっき説明したとおりだ。分かるな?

サリア了解

カレス:ハッチ開けるぞ


サリア:強制解除っ!



サリア:(また私はこんなことをしている)





サリア:上かっ

サリア:捉えた


【Balkan】【SMAW】【Rocket Launcher】

【Beamsaber】【Beam incom】
【Beam cannon】
【Beam rifle】【Beam magnum】



【Beam magnum】

サリア:当ったれぇぇっ


イース:来たかガンダム


直下から吹き上げる濃赤の火線に沿うように降下しながらナハトガルの火線を切り替えると、連射式に切り替えられたナハトガルから撃ちだされたビームの雨がサリアの眼前に迫る。


【Beam magnum】

【I field generator】

ビームの雨はアイフィールドの傘に弾かれると、煙を残すように粒子を漂わせながらclをに追従する青白い尾の中に消えて行った。

イース:アイフィールドか

ナハトガルを高速かつ貫通力を重視した火線に切り替え射撃するも、火線をすり抜ける。

サリア:ビームの種類が変わったっアイフィールドの対策を取られたの!?

サリア:回避、射撃重視に切り替えっ


【Beam magnum】

【I field generator】

【evading】【firing】

サリアの指示に従いシステムによって切り替えが行い、機体は大きく横に回避しながらビームマグナムから濃赤の火線が再び吹き上げると、眼前に迫るフローレンスの薄黄緑の火線とぶつかるとオレンジ色の波を起こした。


イース:いい動きをする。

お互いに高速で機体を駆りながらの射撃はどちらも正確ではあったがお互いに直撃することのなかったが、均衡を先に破ったのはフローレンスであった。

イース:では、これはどうかな。 


フローレンスのバックパックにマウントされた10基のファンネルが静かに零れると音もなく宇宙の闇に溶け込むとclに周囲に火線の檻が出現した。
サリアは速度をそのままにファンネルが作りだした檻をアイフィールドを使い強引に突き破る。



サリア:直撃をもらったっ どこからっ増援なの!?

concluded the weapon were funnel bits.

サリア:ファンネル・・・あれがニュータイプってやつ


【Beam magnum】
【Beam incom】


【I field generator】【Cloud trial】


【evading】【firing】




イース:次は直撃させるっ

高速で起動する2つの巨大な質量は大きな弧を描きながら追う側追われる側をも激しく入れ替えつつ濃赤と薄黄緑の火線を散らし、いつ崩れるとも分からない均衡の中お互い決定打を撃てずにいた。

イース:かかった




【ハーレムエース ブリッジ】

マコ:えっ!? ハーレムエースの演算能力が何者かに使用されています

ハンズ:発信源を特定しろ

マコ:clから接続されているみたいですが

ハンズ:カレス大尉、これはどうなっている

カレス:システムが優先度の低い演算をハーレムエースの空いてる演算能力に押し付けてきているんです。
いくら人工知能とはいえ人間の脳には到底敵いませんからね。






【戦闘宙域】

clの進路上にファンネルにより火線の網が張り巡らせられるとバーニアを最大まで噴射し火線の網、寸でのところで姿勢を制御し真下へと潜り込むと同時にインカムを放出し、フローレンスに対して直下と顔前からの2面での攻撃を仕掛ける


サリア:・・・ツ ェア

直角に近い高速での急制動は、コックピットブロック内に何重にも施された慣性制御機構、シートと専用のノーマルスーツが連動し、生体力学に基づいたスーツ内の圧力の調整による血流操作、加えて投薬による赤血球の酸素運搬能力の向上、血中の脂質量の調整による低粘度化、加えての血管自体の強化という入念に施された耐G機構をもってしても殺しきれるものではなく、ましては素人同然であるサリアの身に容赦なく襲い掛かった。




眼前に迫るインカムの火線をシールドで防ぐと同時に、網を作るために展開していたファンネルを足元に集めると、濃赤の火線を打ち消すように火線を集める。
濃いオレンジの光が弾けフローレンスの装甲にタール状の影を叩きつけた。


イース:ファンネルを5基持っていきながら、あの威力。  



サリア:・・・ハァハァ  ッエ。。。

イース:やるな、ガンダムのパイロット

サリア:(オープンチャンネルで通信・・・)

サリア:私だってやりたくてこんなことしてるんじゃないですよ

イース:ほぅ、女性のパイロットとは珍しいな

サリア:どうでもいいでしょ、あんたはなんでこんなことするんです

イース:名乗るのが遅れてしまったな。 私はイース・マイル、ネオ・ジオンの首魁だ。






【ハーレムエース ブリッジ】

マコ:コロニーから熱源 これはブースターが点火しています。

ハンズ:なんだと?  進路はどこへ向かっている?

マコ:月です、おそらくこのままでは2時間後には月の重力に捕まります

ハンズ:クソッ! 狙いはclではなくコロニー落としかっ

ハンズ:予想される落下地点はグラナダです。

カレス:(・・・なるほど、そう来るか)

ハンズ:胡蝶、艦の残弾と、エネルギー残量はどれほどある

胡蝶:実弾に関してはコロニー並みの質量に有効な武装はありません。
主砲も撃てて2回が限界かと。

ハンズ:クソッここまで見越して仕掛けてきたわけか。

ハンズ:本艦はこれよりコロニー落下を阻止するためコロニーアシャンに対して攻撃を仕掛ける。 総員、思うところもあるだろうが・・・健闘を祈る。

マコ:(まだ、生きてる人だっているかもしれないのに・・・)


ハンズ:カレス大尉、clを呼び戻せるか?

カレス:了解しました。








【戦闘宙域】

サリア:ネオ・ジオン・・・亡霊の亡霊が今更

イース:我々はいつの時代も必要とされているのだよ

サリア:人殺しをする人間が必要とされるわけがないだろう

イース:人というものはそうも性善的なものではないよ

サリア:人を殺すことを望む人間がいるものかっ

イース:よほど恵まれた人生だったようだな

サリア:恵まれてなんて・・・いない

イース:ならば私たち存在する意味も分かるはずだがな 

サリア:分かりたくもないですよ

イース:名前を聞いておこうか、ガンダムのパイロット

サリア:殺し合いをしている人間の名前を知って何になるんです

イース:それもそうだな



カレス:サリア、聞こえるか?

サリア:はい

カレス:コロニーのブースターが点火した、やつらコロニーを月に落す気だ、戻れるか?

サリア:戻ります



サリア:今度はコロニーを落してまた殺す気かっ

イース:我々の悲願とそれも求める人がいれば私たちはどんなことでもやるさ

サリア:もうあなたにかまってる時間はないっ! 通らせてもらいますよっ!

イース:そう簡単に行かせると思うな



不規則な放物線を描く青白い尾はさらに速度を上げその全長を引き延ばすも薄黄緑の尾にぶつかり、阻まれるたびに進路を変えまた新たな放物線を描くように飛翔する。



イース:アクセル少尉、聞こえるか?

アクセル:大佐ですか、只今コロニーブースターの点火を確認、これよりコロニー内より離脱します。

イース:こちらでもブースターの点火を確認した。  ガンダムもそちらに戻るようだ。
私も、追撃しているが、木馬もどきも阻止に動くだろう。
その機体では難儀ではあるが、木馬もどきを抑えてもらいたい。 できるか?

アクセル:無論です、アクセル・ウェイトリー、出ますよ

イース:頼れる部下を持ったものだな。

イース:(問題はこちらか)





サリア:くそっしつこいんだよっ!


デブリの中に張られたファンネルの網をIフィールドで突き破ると、後方に追従させるように展開したインコムからイースと同じように火線の網を張るも、フローレンスはその巨躯に似合わぬしなやかな動きで網目をすり抜けるとさらに距離を詰めていく。

旧世紀においてのハンス・ウルリット・ルーデルがそうであったように絶対的なエースというものには、畏怖の対象としてだけではなく、プロパガンダとしての役割がある。
「赤い彗星」1年戦争におけるジオンのエースパイロット、シャア・アズナブルを差すその二つ名はその存在感だけを差すものとしてではなく、3倍の機動性を持って接近する恐怖を模してのものであった。
 実際に、シャア・アズナブルの機体が通常の物と比べ3倍の速度で機動していたかというとそうではない。
確かに、エース機専用の改修が行われてはいたであろうが、せいぜい1.5倍がいいところである。
だが、すべての状況において赤い彗星が誇張されたものであるとは言い難いのも確かである。
障害物が無数に漂うデブリ帯では高速機動は禁物である。 
宇宙空間においては速度の減衰が著しく少なくだけでなく時に加速力として作用する、また局地的に発生する磁気帯に捕まった金属製のデブリはローレンツ力により加速され、レールガンと呼ばれる兵器に似た加速を得て襲い掛かる。
たかだか数センチの金属片であろうと高速で飛翔する物質同士が衝突すれば数メートル大の大穴を開けるであろう。
その中で高速飛行を行うことができればそれは3倍の速度で接近する彗星であるとは言えるのではないだろうか。

一見命知らずとも取れる高速飛行をフローレンスは行い、距離を詰めていく。
デブリの流れを読み、障害となりうるものをファンネルによって排除することにより可能となる紙一重の操作をイースは易々と紡いでいく。






【ハーレムエース】

ハンズ:主砲発射スタンバイ。

胡蝶:館内のエネルギーの60%をハイパー・メガ粒子砲に回します

胡蝶:臨界まで後、120sec


マコ:コロニー内から熱源が離脱

マコ:クシャトリアです

ハンズ:対空機銃座、弾幕張れっ

マコ:クシャトリア、来ます



【戦闘空域】

アクセル:(大佐の言う通り、木馬もどきが来ている。)

アクセル:そんなデカブツで止められると思うなぁ!



【ハーレムエース 対空機銃座】

ドドドドドドドドドド

~=~:うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

~=~:来るなぁぁぁぁぁ

ドドドドドドドドドドド

~=~:iyaaaaaaaaaaaaaa!!!haaaaaaaaa!!!!!!!!!!!

キラッ

~=~:あっ・・・母さん、僕の・・・ピアノ・・・

ドォォォォォォォン



【ハーレムエース ブリッジ】

マコ:左舷機銃座に直撃

胡蝶:対空機銃座、1・2、5・6、15・16使用不能、11・12番に関してはブロック隔壁閉鎖でたどり着けません

ハンズ:主砲まだかっ!

胡蝶:@70sec 、オービタルリング起動します



【戦闘空域】

アクセル:主砲を使うかっ

アクセル:来いっファンネルたち!


アクセルは意識を集中させ、すでにデブリ帯に流されたデスペラードにもぎ取られた羽からファンネルを射出する。
本体からの電力供給を失い開かなくなったバインダーの口から6本の薄黄緑の火線が飛び出し、漏斗状の感応波による無線兵器がその光の跡をなぞると幾何学的な軌道を描き散らばった。




サリア:火線っもう1機いるっ

サリア:あそこかっ

ファンネルの光をモニターの奥に捉えると肩口のバインダーが開きスモーと呼ばれる実弾兵器を進路上のデブリを一掃するためにに撃ちだした。

イース:よそ見をしていていいのかな

スモーを撃ちだす一瞬の減速をイースは逃さなかった、すでに当初の距離を大幅に縮めていたがclの一瞬に減速に合わせ、さらにスラスターを踏み込むと機体同士の距離はすでに10mもなかった。
伝統的なネオ・ジオン製モビルスーツを思わせる袖に収納されたビームサーベルを振るように引き出すと大きく振り上げる。

サリア:邪魔するなっ

右側面のバーニアをフル稼働させ左に機体を流すとビームサーベルだけが空を切り、同時に激しい振動とともにフローレンスの脚部がclのコックピットブロックに衝突し、激突の衝撃そのままにclはデブリに撃ちつけられた。

いくら軽量化が施されているとはいえ25m級のモビルスーツにコックピットブロックを蹴り込まれればその衝撃は減圧しきれるものではなく、ましてはその衝撃そのままにデブリに撃ちつけられたclのコックピット内部では、エアバックとシートに撃ちつけられ、薬物投与により凝固性の少なくなった血を鼻から噴き出し、ヘルメット内の空間に水玉を描くように浮かべたサリアが声にならない呻きをあげた。


サリア:・・・ぅ。。。ェッ・・・

そんなサリアを1人置いて行くように、フローレンスの追撃をシステムによる管制でclは回避するも、衝撃につぐ急制動により今にもホワイトアウトを起こしそうな赤白く明滅した視界の中、こみ上げるえづきを必死にこらえつつ、バーを握りしめる手だけは放さなかった。






アクセル:そこだっ!

6基のファンネルから撃ちだされた火線はハーレムエースの前方下部に取り付けられたメガ粒子砲を6方向からそれぞれ貫くと、内部に蓄積された粒子が暴走を起こしピンク色の綿あめのような爆発を引き起こした。
ネズミにでもかじられたかのように穴こそ空きすらすれ、原型を保ってはいた中央カタパルトは直下からの爆発に巻き込まれ轟音と共にへし折れると左舷カタパルトを道連れに宙に投げ出された。




【ハーレムエース ブリッジ】

マコ:キャァァァァァァ


ハンズ:胡蝶、損害は

胡蝶:メガ粒子砲に直撃した模様、第1、第2カタパルトデッキが喪失、ブロックA~Dで火災発生、航行システムの一部にも異常でてます。

ハンズ:clはなにやってる?






サリア:・・・ハァハァ ハーレムエースに直撃っ!?   このしつこいやつっ


バーニアを思い切り踏み込みターンをかけると今にも宇宙の藻屑と化しそうなハーレムエースに背を向けフローレンスへと加速する。

ぶつかり合う巨大な質量と質量、互いのビームサーベルがつばぜり合い、まばゆい閃光をまとったオレンジ色の光へと溶け合うとさらに機体へと鞭を入れる。

サリア:下がってよっ、下がってくれないとサラがっ

小刻みなターンを繰り返す流星をオレンジの閃光が彩る中、限界を超えた機動を強いられた機体はまるで悲鳴を上げるようにロックオン警告のアラートと機動部の異常加熱によるアラートを交互にコックピット内に響かせる。

イース:いい機体だ、よくついてくる。


サリア:インカムッ
イース:ファンネルッ


互いの無線兵器が作り出す全方位の檻は徐々にその口を狭めていき、戦場はさらに密度を高めていく。






アクセル:(大佐が圧されている?)

アクセル:大佐っ下がってください、俺がやりますっ


ハーレムエースの艦橋に迫っていたクシャトリアは全方位モニターに加速する2機の閃光を捉えると、振り下ろそうとしていた腕を引き2機の織り成す渦の中へとその身を投じる。





サリア:来るっもう1機

サリア:(ビームマグナムじゃインカムがもたない・・・)

サリア:それならぁ




サリアは手早く、ビームマグナムのカードリッジを換装するとビームマグナムを勢いよくフローレンスに向かい投げつけた。


イース:勝負を諦めたか、ガンダムっ


ファンネルの網の目をくぐりフローレンスの眼前に迫ったビームマグナムを払いのけたが、自らの腕が作り出した死角を通り薄紅の火線が走り、ビームマグナムに直撃すると大きな爆発を引き起こした。


ビームマグナムを投げつけると同時に、背中にマウントされたビームライフルを引き抜き火線を走らせる、ビームマグナムのカードリッジに満たされたメガ粒子がその器を失い、膨張と増殖を繰り返しフローレンスへと襲い掛かる

ピーピーピー

イース:なんだとっ  

イース:推力も低下している、やはりテストなしの機動ではボロが出るっ



アクセル:大佐ぁぁぁぁぁ


6基のファンネルが幾何学的な軌道を描き、薄黄緑の火柱を上げる

サリア:やれるっ  Iフィールドぉっ



フローレンスに向かい止めの火線を撃ちだすと、クシャトリアのファンネルが食い掛かる。Iフィールドの膜は確実にビームを減衰こそしたが、その膜は無残にも破れclの装甲に傷跡を刻みこんだ。




【I field generator Eng:000%】【Damage 008%】【Lock on】【Reflection】


【Beam rifle】
【Beam incom】


【Cloud trial】


【Infight】【All range】


サリア:アイフィールドのエネルギー切れっ でもっ


イース:大尉っよけろ


clは宇宙へと身を投げ出すようにその体を仰向けに沈めると、フローレンスのシールドへと吸い込まれようとしていた薄紅の火線をリフレクターインコムで反射し、速度をました流星がclのコックピットを高速でかすめるとクシャトリアの右膝関節部に直撃した。

辛うじてつながってこそすれ、右脚は力なく外に向かいその身を漂わせていた。




イース:大尉下がるぞ、動けるか?

アクセル:しかしっ

イース:今ここで君を失うわけにはいかない、分かるな

アクセル:了解しました。

イース:面白いものを見せてもらったよ、この借りは別の機会に返すとしよう





サリア:下がって、くれた?




【ハーレムエース ブリッジ】

胡蝶:クシャトリアおよび敵新型、後退した模様。

まこ:あぁぁぁ たすかったぁぁぁ


ハンズ:まだ気を緩めるのは早い、あのコロニーを止めねばな。


ハンズ:カレス大尉、clに回線開け



サリア:ハァ・・・終わった・・・のか。ハァハァ

ピピッ



ハンズ:よくやってくれたな。

サリア:ハァ・・・そうです?

ハンズ:現在コロニーアシャンは月面に向け降下している。 当艦は現在主砲をはじめ有効な武装をすべて破壊されてしまっている。

サリア:何が言いたいんです?

ハンズ:君に、あのコロニーを止めてもらいたい。

サリア:どうやって・・・ですか?

ハンズ:破壊する他・・・あるまい。

サリア:私に・・・それをしろと?

ハンズ:火器の管制についてはカレス大尉の指示に従ってもらう。

サリア:・・・撃てませんよ
まだ生きてる人だっているかもしれないじゃないですか
あそこにいた私に、今度は・・・今度は私に殺せって言うんですか?
何もしていない人を、ただ生きていた人を、生きようとしている人を私に殺せって言うんですか?


ハンズ:20分だ。 それ以上は待てない。

サリア:言われなくても行くつもりですよ! それに撃つ撃たないを決めるのは私だっ!

カレス:サリア、今から送るパッチをclの探索系に当てろ。
軍用のMSは生体反応に対する探知が悪いが、clならこのパッチで偵察用MS並みの感知ができるはずだ。


サリア:了解・・・ありがとう、ございます。

ハンズ:1度艦に戻り、やんぐめん軍曹を連れて行け。 手動で止めることができたらそれに越したことはない。


サリア:・・・了解。




【ハーレムエース MSハンガー】

サリア:やんぐめん・・・軍曹、早く乗ってください

やんぐめん:お、おう

サリア:手筈は移動中に決めますよ、早く乗って。

やんぐめん:いや、サブシートの取り付けがっ

サリア;男ならシートにでも捕まっててくださいよ

やんぐめん:( ´゚д゚`)

サリア:出ますよ、危ないから下がって




ルーデルト:あわただしいやっちゃなぁ

ラァス:まぁ、気持ちは分かるわ

がっつ:気持ちは分かるけどなぁ。




【アシャン宙域】

サリア:パッチ適用は大丈夫、探査開始


Priority living body
Within the 5km limits・・・000

サリア:すごいっこんなに広い探査範囲がある。

やんぐめん:(・・・5㎞範囲の精密生体反応探査)





【アシャン内部ブースター推進部】

やんぐめん:それじゃ見てくるから。20分後に戻って来いよ

サリア:分かってますよ

やんぐめん:絶対だからね???

サリア:分かってますよっ





【アシャン内部】

サリア:ひどい。 真っ暗・・・電源が完全に喪失してるんだ

サリア:これはこれで・・・少し気が楽だな。


Air000%・・・detail

サリア:空気まで・・・


Priority living body
Within the 5km limits・・・000

サリア:レーダーがあってよかった。 こんなんじゃ見えやしなかった。



サリア:誰かっ・・・

サリア:あんなにたくさん・・・人がいたのに。



Priority living body
Within the 5km limits・・・000


サリア:クソッ・・・




サリア:ここ・・・私の家の近くだった場所だ。



サリア:・・・とまった? システムトラブル?

サリア:私の、家。  そんなことまで読み取るのか。 すごいねお前、機械なのに・・・

サリア:見てこようかな。  懐中電灯とかないのかなぁぁ ゴソゴソ

サリア:携帯食料、ちがう、保温シート、ちがう、応急セット、ちがう、発煙筒?、ちがう、バイb・・・じゃない懐中電灯! 







サリア:うわぁめちゃくちゃだぁあークロゼットがつぶれちゃってるよ・・・

サリア:あー買ったばっかりだったのになぁ。。。

サリア:大丈夫そうなもの少し持っていこう。

サリア:これっサラのだ、泊まりに来た時においてったやつ。よかった。


サリア:お姉ちゃんの部屋・・・めちゃくちゃだなぁ・・・

サリア:はぁ・・・ 写真。 切れちゃってるけど・・・

コロッ

サリア:ピアス・・・こんなところにあったんだ。


サリア:もう行こう・・・ サラの家にも少し寄っていくか。




Priority living body
Within the 5km limits・・・000


サリア:サラの家っ

サリア:ここもひどいなぁ 

ゴソゴソ

サリア:動いてる・・・? 誰かいるんですか?

もももん:私です

サリア:なんだもももんか

もももん:はい。 私ですすみません。

サリア:おいで

もももん:すみませんね、助けていただけますか

サリア:いいよ、一緒に行こう




Priority living body
Within the 5km limits・・・000



サリア:もう何往復したんだろう・・・


サリア:ホントに誰も。。いないんだ。
Priority living body
Within the 5km limits・・・000



ピーピー

コメント

No title

スコップを狙い撃つ!!

No title

ももーんわろたww

No title

ライカだと・・・( ゚д゚ )

ラァスの活躍マダァ?(・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン
ハンズさんは大満足らしいですww

No title

相変わらずおもしれーなw

トイレ我慢してるシーンが素敵でした!
続編まーだー?((

No title

しゃなおうゆがみなさすぎwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

そして腹黒系アンドロイドペットとかわろたwwwwwww
やんたまの親戚なん?><><<<。。
食べられてしまうん???><><>。。。

次回もたのしみすぎるわぁwww
続編はよ(・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

おい

俺様の出番は
ま だ か ?

No title

>>きょさん
直撃させるっ!!!

>>がっちゅん
食べるか、ハロポジで運用するかは検討中(´ε`;)ウーン…

>>兄さん
兄さんは4話からやな(*゚∀゚)

>>樹海
樹海は3話で本気出すでぇ(*´д`*)ハァハァ

>>帝王
帝王は5話やな(*´ω`*)

No title

ですぺらーどwwっうぇwwっうぇwwww
刹那さんにもあやまりたいわwwっうぇw

No title

>>しゃぶp
メタル化はよ
対話のために早くメタル化するんだwwww

No title

デスペラードにいいようにやられる俺(´♋д♋`)ゥルゥルッ…www
しゃなPチートやろ\(^o^)/w

あと認証システムのところはくっそわらったwww

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

ありちあ

Author:ありちあ
完美世界
ベテルギウスサーバー
あの空の彼方へ所属

完美世界で最もひどい検索ワードで検索することができるブログです。

おそらく本来の目的と違う結果に落胆してブラウザバックをする人もいるでしょうが

どうでもいいか

■Main
ALITHIA/オワコン/102

■Sub
紗智子/魔妖精/101
*胡瓜ノノ*/農産物/102
✿Cynthia/召喚/92

すぷらしアンテナ
http://www.sprasia.com/user/alithia/
あいびおアンテナ
http://eyevio.jp/user/kbf1e4580c0edd09ffd74da93c94ba351


アンテナ殿堂入り
ここは歴代の猛者が眠る場所

遮那王2012年4月6日

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
とぅうぃったー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。