スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臭くないほうの宇宙世紀3話


予想以上に長引いた3話(´ε`;)ウーン…

日常編(「・ω・)「 がおー

単純に戦闘の描写がめんどくさかったからではない















【月面フォン・ブラウン 格納庫内ハーレムエース 医務室】

ピピピ・・・

サリア「・・・ん」

サリア「・・・ここ・・・どこ?」


ボソボソ


MAO「おそらくは精神的な負荷による一時的な物でしょう」

Caress「そうか」

MAO「あの機体、詳しくは知りませんがサイコフレームを搭載した機体なのでわ?」

Caress「・・・」

MAO「出過ぎたことを聞いてしまいましたね」



MAO「おっと、目が覚めていたんですか」

シャー

サリア「はい」

Caress「ちょうどいいな、後で艦長が戻り次第ブリッジに来てもらおう」

サリア「・・・わかりました」

Caress「では、私はこれで」

MAO「はい、お疲れ様です」


ウィーン


MAO「調子はどう?」

サリア「いい気分ではないです・・・」

 (死にたくない助けて死にたくない助けて死にたくない助けて死にたくない助けて死にたくない助けて死にたくない助けて死にたくない助けて死にたくない助けて死にたくない助けて)

サリア「・・・うっ」

MAO「いまはゆっくりしていてください、お茶でも出しましょう」





カチャ



サリア「声を・・・声を聴きました・・・」

MAO「声?」

サリア「たくさんの人の声です・・・死にたくないってたくさんの人の声を聴きました・・・」

MAO「・・・ニュータイプというものを知っていますか?」

サリア「宇宙という広大な生活圏を手に入れた人類は洞察力、認識能力が拡大し、肉体的、精神的にあらゆる物事を理解することができ、それが全人類に広がった時にかつてなしえなかった相互理解が可能となる・・・」

MAO「今ではエースパイロットを差す言葉になってしまっていますがね」

カチャカチャ

サリア「・・・」

MAO「そういう人の意志を感じる素質があなたにもあるのかもしれませんね」

サリア「こんなこと今までありませんでした・・・」

MAO「・・・」

コポポポポポポポ

サリア「・・・(サイコフレーム・・・ガンダム・・・)」

カチャ

MAO「どうぞ熱いですから気を付けて」

サリア「ありがとうございます」



ウィーン

サラ「サリアぁぁぁぁぁ」ドタバタ

もももん「もももーん サリアゲンキナッタカ?」

バッ

サリア「わわっ危ないよw こぼしたら熱いよ?w」

サラ「心配したんやでぇぇぇ(´♋д♋`)ゥルゥルッ…」

サリア「いや、まぁ心配するほどもことじゃないけれども・・・w」

グゥゥゥゥゥゥゥ

サリア「・・・」カァァァァ

サラ「そうだよねwww2日も寝てたらお腹減るよねwwww」

サリア「2日???」

MAO「はいw なにか軽いものを用意しますねw」






サリア「んで、その服どうしたの?」モグモグ

サラ「似合う?」

サリア「連邦の制服・・・服なら少し持ってきたよね?」

サラ「うんうんw 私のお気に入りを救出してもらってありがとうやでぇ(´♋д♋`)ゥルゥルッ…」

サリア「・・・」

サラ「私もね何かできないかと思って・・・さww」

サリア「・・・はぁ」

サラ「怒ってる?」

サリア「いや・・・怒る権利はないけど」

サラ「みんないい人なんだよ!」

サリア「いい人・・・ねぇ・・・」

サリア「・・・(カレス:あぁそうだな。 俺たちはいつ死んでもいいという覚悟はしてあるつもりだ。
だが、あのサラという子はどうかな?)(ハンズ:話は分かった。  だが、我々は君を処罰しなければならない。)(ラァス:あなたの態度が反抗的と認められれば、当然サラさんの扱いも考えなおさないといけなくなるわ)(やんぐめん:いくぞ)」

サリア「・・・うそぉぉ」








【月面フォン・ブラウン 格納庫内ハーレムエース 格納庫】

ラァス「ハァァァックシュン」

がっつ「おっさんwwww」

ラァス「うるさいわwwwww」

ラァス「あー誰かが私の事美人だって言ってる気がする」

しゃぶ「気のせいすねwwwwwwwwwwww」



やんぐめん「はいはい、作業続けて」

しゃぶ「これって整備班の仕事なんじゃないんすかwwww」

やんぐめん「人員居ないんだからしょーがないでしょ」

がっつ「ホントにこれ使っていいの?www」

やんぐめん「MSN-001A1デルタプラス、いいよなぁ金に塗装し直してもいい?」

がっつ「やめろよwwwwwしゃぶに奪われそうだわwwww」

しゃぶ「しようずwwwwwwww金にしようずwwwwwwwwww」

ラァス「それにしても、どうしていきなりこんな機体が配備されるのかねぇ」

やんぐめん「まぁ詳しくは知らネーけどどうやらこの艦を今回のフラグシップにするみたいな話があるとかなんとか・・・」

がっつ「まじか」

しゃぶ「おおぅ」

ラァス「まぁ順当かもね・・・」

やんぐめん「だろうなーガンダムの母艦ですからね」

ラァス「量産型のνガンダム・デルタプラスにリゼルが2機、それに加えてあのガンダム」

がっつ「豪華すぎわろたやでぇwwwwwwwwww」

しゃぶ「そういえばるーさんどこすかwwwwww」

やんぐめん「あーこないだ オフに召集されたから振替で月に遊びに行ったぜwwww」

しゃぶ「だからるーさんあんなに熱心に母乳風俗を検索してたのかwwwwwwwwwwwwwww」

がっつ「なんだよ母乳風俗ってwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

しゃぶ「話すと長いすよ?wwwwwww」

ラァス「いいわ・・・」

やんぐめん「近々人員の補給もあるみたいだしなぁ」

ラァス「あの子はどうなるんだろう」

やんぐめん「パイロットになるか・・・・だな」

ラァス「そうね・・・」


がっつ「ちょっとまてwwwwwwwwwwなんで金の塗装料持ってんだよwwwwwwwww」

しゃぶ「え?wwwwwwwwwwwwww」

がっつ「え?じゃねーだろwwwwwwwww」

しゃぶ「しゃぶ式wwwwwwwwしゃぶ式はよwwwwwwwwwwwww」






【月フォン・ブラウン AE社応接間】


シェン・カーバイン「わざわざ来てもらってありがとう」

ハンズ「いえ、こちらこそ補給感謝します」

シェン・カーバイン「やぎ、お茶をお出しして」

やぎ「めぇぇぇ」

ハンズ「アナハイムの重役であるあなた自らお出迎えとは正直驚きましたがね」

シェン・カーバイン「先任のマーサのような力は私にはありませんよ」

やぎ「めぇぇぇぇ」

シェン・カーバイン「コーヒーでよかったかしら?」

ハンズ「えぇ」





シェン・カーバイン「ハンズ・C・レグス艦長、お噂はかねがね聞いていますよ」

シェン・カーバイン「先の戦闘でも見事な采配だったと報告を聞いています」

ハンズ「それは光栄です」


シェン・カーバイン「手短に要件を言いましょう、戦闘中に回収したclおよびパイロットをこちらに引き渡していただきたい」

ハンズ「・・・(やはりか)」

ハンズ「あの機体は地球連邦軍第13艦隊所属である当艦が回収し、現在連邦の所有物として管理されているはずですが」

シェン・カーバイン「・・・私自ら交渉の席に着いた意味が分からないわけではないでしょう?」

ハンズ「本来ならば引き渡すべき案件なのはこちらとて理解しています、ですがあの機体は2度戦闘状況に介入し、我々も彼女に命を救われた」

ハンズ「我々には我々の責任というものがあります」


シェン・カーバイン「・・・いいでしょう」

シェン・カーバイン「その代わりと言ってはなんですが、お願いを聞いていただけないでしょうか?」

ハンズ「・・・なんでしょう?」

シェン・カーバイン「本来ならばclと同時に退艦する予定だったカレス大尉をそちらの艦に正式に所属させていただきたい」

ハンズ「・・・」

シェン・カーバイン「なに、あなたが思っているようなことはありません」

シェン・カーバイン「clは少々複雑な機体でして専任の技術者による定期的なメンテナンスが必要なんですよ」

ハンズ「それはこちらとてありがたい申し出ではありますが」

シェン・カーバイン「では、決まりですね」

シェン・カーバイン「我々AE社も協力を惜しみませんので上層部から正式な命令が来るまでは何なりとお申し付けください」

ハンズ「いえ、MSまで補給していただき感謝しています」

シェン・カーバイン「のちに正式な辞令がとどくと思いますが、人員の方もこちらで手配しておきましたので」

ハンズ「なにからなにまで」

シェン・カーバイン「でわ、私はこれで。 やぎ、お送りしてあげて」

やぎ「めぇぇぇぇ」

ハンズ「・・・(人員の補給までAEが噛んでくるか)」

ハンズ「・・・(月の女狐め、何を考えている)」







【月面都市フォン・ブラウン 歌舞家町】

ルーデルト「やべぇwwwwwwwwwwたのしいwwwwwwwwwwやべぇwwwwwwwww」

あやめ「あんあんあんあんあーーーー」

ルーデルト「やべぇwwwwwwwwwwやべぇwwwwwwwww」







【月面フォン・ブラウン 格納庫内ハーレムエース ブリッジ】


ウィーン

マコ「艦長、おかえりなさい」

胡蝶「お帰りなさい」

ハンズ「あぁ、カレス大尉はどこにいる?」

マコ「んー、自室ですかねぇ呼び出しますか?」

ハンズ「頼む」

マコ「はーい」

ハンズ「胡蝶、補給の状況はどうだ?」

胡蝶「問題なく進んでいます、艦内部の物資補給はほぼ完了あとはハーレムエース自体の修理が終われば」

ハンズ「そうか、新規配備されたMSのデータをこっちに出してくれ」

胡蝶「了解」

ハンズ「・・・(デルタプラス、量産型νガンダム、リゼルが2機)」

ハンズ「パイロットの配備はまだだったな?」

胡蝶「それが・・・」




【月面フォン・ブラウン 格納庫内ハーレムエース 格納庫6時間前】


がっつ「うおぉぉぉぉぉぉぉぉwwwwwwww」

ラァス「新しいのキタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!」

しゃぶ「かっけぇwwwwwwwwやべぇwwwwwwwwww」

やんぐまん「おーwwすげーなwww」

がっつ「俺デルタプラスとったあああああああ」

しゃぶ「いやいやいやwwwwwwww立ち位置的に俺でしょwwww」

ラァス「いーや私が1番高速戦闘できますぅぅぅ」

がっつ「それじゃあれしかないな」

ラァス「あれしかないわね」

しゃぶ「るーさんいないけどwwwwwwwww」

がっつ・ラァス・しゃぶ「最初はグー、じゃんけん ポンッ」




【月面フォン・ブラウン 格納庫内ハーレムエース ブリッジ】

胡蝶「ということがありまして・・・」

ハンズ「あいつら・・・」


ウィーン


カレス「お待たせいたしました」

ハンズ「あぁ、君に正式な辞令が下った詳しくはこれを見てくれ」

ペラッ

カレス「  (ハーレムエースの副艦長・・・それに伴い大尉から少佐に)」

ハンズ「これからは客員としてではなく正規のクルーとして働いてもらうことになる」

ハンズ「なにか言いたいことがあるのならばシェン・カーバインに直訴するんだな」

カレス「いえ、カレス・ベナス少佐地球連邦軍第13艦隊所属ハーレムエースに本日付で着任いたします」

ハンズ「おう、働きに期待しているぞ」

カレス「ハッ」



ハンズ「カレス少佐、サリア・チェリ・コーナスの容体はどうだ」

カレス「先ほど目覚めたようですが少し落ち着かせるために艦長のお帰りまで医務室に待機させてあります」

ハンズ「そうか、あの2人にも正式に辞令を下さないとな」

カレス「はい」

ハンズ「マコ、ブリーフィングR3に呼び出してくれるか?」

マコ「ぁーい」








【月面フォン・ブラウン 格納庫内ハーレムエース 医務室】

サラ「でねでね、すっごくきもくてさぁwwwww」

サリア「ひどいねwwww」

サラ「でしょwwwwwはぁぁきもいわぁwwww」



MAO「了解です、向かわせます」

MAO「2人とも少しいいかな?」

サラ「あwはーいw」

MAO「ブリーフィングR3でハンズ艦長がお呼びだよ行ってくれるかな」

サラ「了解です!」

サリア「・・・」

サラ「ほらーサリアも行くよ!」

サリア「え? ちょっと・・・」

MAO「行き方は分かる?」

サラ「だいじょうぶでーすw」

サリア「ちょっとサラ、離してよwwww行くからwwwwせめて着替えくらいさせてwww」

サラ「そうだったわぁwww」





【月面フォン・ブラウン 格納庫内ハーレムエース ブリーフィングR3】


ハンズ「病み上がりにわざわざ呼び立ててすまないね」

サリア「いえ」

ハンズ「調子はどうだ?」

サリア「別に変りませんよ」

ハンズ「そうか、今回来てもらったのは君たちの処遇に関する話をするためだ」

サリア「散々人をいいようにつかって今更なんだよそれ」

サラ「サリア!」

サリア「で、どうするんです? 無期懲役ですか?銃殺ですか?それともあのガンダムのコックピットに括り付けて死ぬまで戦わせようってんですか?」


サラ「サリア!ダメ! そんな物言いで人と向か合っても敵を作るだけだよ」

サリア「サラは知らないからっ」

サラ「サリアは私を、みんなを守るためにいろいろやってくれたんだと思う、でもそれはここの人たちだって同じなんだよ!」

サリア「・・・」

サラ「ここの人たちだってサリアと同じように誰かを守りたかっただけなんだよ・・・」

サラ「それを・・・そんな人の優しい心を信じることができないって言うのはとても・・・とても悲しい事なんだよ」

サリア「サラ・・・」



ハンズ「あぁ、君にはいろいろとつらい思いをさせてしまった」

ハンズ「まずはそれを詫びよう、そして艦を守ってくれたこと感謝する」

サリア「いえ・・・私わ・・・」


ハンズ「すでにこのことはサラさんには伝えてあるのだが」

ハンズ「いくら緊急時とはいえ君のやったことは立派な軍法違反だ」

ハンズ「このまま何も手を打たずに君を退艦させてしまったら君は極刑を含む重大な懲罰を免れない」

サリア「何度も聞きました・・・」

ハンズ「そこでだ、少し強引な手段ではあるが君は1月前にパイロットとして軍に志願していたこととしたい」

サリア「・・・」

ハンズ「入隊届を私は受理していたが、私の手違いで本部への提出が遅れてしまっていたということで処理したいのだが」

サリア「それわ・・・あなたにペナルティが」

ハンズ「なに、そんなものは君がやってくれた事に比べれば些細なことに過ぎない」


サラ「サリア、大丈夫w 1人じゃないよ?w」

サリア「サラ・・・だからその恰好」

サラ「うんw サリア1人こんなところに置いていけないよ!w」


ハンズ「決まりだなw」

サリア「・・・はい」

ハンズ「よろしく頼む、サリア・チェリ・コーナス・・・む?」

ハンズ「君はパイロットということでいいのかな?」

サリア「多分私には・・・それができることだと、思います」

ハンズ「そうかw では改めてよろしく頼む、サリア・チェリ・コーナス伍長」

サリア「はい、これからよろしくお願いします」

サラ「よかったねw サリア!」



サラ「あれ? そういえば私の階級って?」

サラ「サラ大佐クル━(゚∀゚)━キットクル━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━!!」


ハンズ「よろしくな!サラ二等兵!」  ※二等兵<一等兵<上等兵<伍長<曹長<少尉<中尉<大尉<少佐・・・


サラ「( ´゚д゚`)」

サラ「ちょっと!サリアだけずるくない?????????」

サラ「私もせめて伍長にしろー(# ゚Д゚)プンスコ!!」

ハンズ「パイロットは命がけの仕事だw 通常よりも待遇は上になる、しかもサリア伍長は実戦での戦果も挙げているからな」

サリア「ふーん」

サラ「ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!」



プルルル

ハンズ「胡蝶か?」

胡蝶「はい、どうしました?」

ハンズ「話はまとまったよ、少し来てもらえるか?」

胡蝶「よかった、今向かいます」


ガチャ


サラ「ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!」

サリア「ほらwww階級くらいで泣かないでwwwwサラ・・・・二等兵wwwwwwwwww」

サラ「( ´゚д゚`)・・・」

サラ「ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!」



ハンズ「しかし、君たちにはやってもらわなければならないことがある」

サリア・サラ「はい?」

ハンズ「通常、乗艦する前に各種学ぶべきことがたくさんある」

サリア・サラ「(゚A゚;)ゴクリ」

ハンズ「特例でしょうがないが君たちにはこれから当艦での職務をこなしつつ学んでもらうしかあるまい」

サリア・サラ「( ´゚д゚`)エー」

ウィーン

ハンズ「2人の教育係りはこの胡蝶に任せてある、しっかりな」

胡蝶「よろしく('-'*)♪」

ハンズ「それじゃ、後は任せるぞ」

胡蝶「了解です」

ハンズ「じゃあな」フリフリ

ウィーン

胡蝶「それじゃさっそく始めましょうか」

サリア・サラ「( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁー!」







【月面フォン・ブラウン 格納庫内ハーレムエース 格納庫】


マコ「みなさん聞いてくださいよーwwww」

がっつ「ん?www」

マコ「あのガンダムに乗ってた子正式にパイロットになったみたいですよーwwww」

がっつ「おーwwwwよかったなぁww」

しゃぶ「ホントどうなるかと思ったすねwww」



がっつ「でもなぁあの子だいぶ気が強そうだよなーwww」

しゃぶ「ラァスさんにあんな口きくやつ初めてみたぜwwwwwwwwww」

ラァス「それは間接的に私のことも何か言いたいのか???」

しゃぶ「ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ」



マコ「まままーwww みなさんの後輩ですよ後輩」フフフッ

がっつ「パンかってこさせようぜwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

しゃぶ「コーヒー牛乳も忘れんなよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

やんぐまん「そして演習中に2人はあのガンダムの餌食になり宇宙の塵になりましたっと」

がっつ・しゃぶ「やべぇwwwwwwwwwwwそれはやべぇwwwwwwwwwwwwwwwwww」


グイッ

マコ「痛てっ、ひっぱんないでくださいよーもー誰ですか?」キョロ

ハンズ「おー仕事サボって雑談とか俺も混ぜてよ」

マコ「あああぁぁぁぁ艦長ごめんなさぁぁぃ」バタバタ

ハンズ「あ、ちょっと  なんだよー俺も混ぜてよー」


がっつ「ハンズさんちーっすwwwwwwww」

しゃぶ「ちっすwwwwwwwwww」

やんぐまん「ごくろうしゃーす」

ラァス「こっち来るなんてめずらしい」

ハンズ「一応な仕事中くらいはそれっぽい言葉遣いしてくれよ」

ラァス「はいはい、艦長様わざわざこのようなオイル臭いところまでごそくろ有難うございます、何のご用件でありますでしょうか」

ハンズ「あのなぁ」




がっつ「ハンズさん見てくださいよwwwwwあの最高にカッコいいデルタプラスwwwww俺のなんすよwwwwwww」

ハンズ「うんどう考えてもそのことだよね」

がっつ「(´・ω`・)エッ?」

ハンズ「勝手に決めていいと思ってんの?」

しゃぶ「さすがwwwwハンズさんwwwwwwwwwwwwwあれは俺が金色にして乗るべきすよねwwwwwwwwww」

ハンズ「やんぐまんはどう思う?」

やんぐまん「別にいいんじゃないですかね」

ハンズ「じゃあいいよこのままで」

しゃぶ「( ´゚д゚`)エーwwwwwwwwww」

ハンズ「いいよーいいよー」

がっつ「っしゃーwwww」



ラァス「そんなこと言いに来たの?ww」

ハンズ「いやw どうせマコから聞いてると思うけどパイロットが1人追加されてな」

がっつ「あのガンダムの、サリアとか言ったっけ」

ハンズ「それで当直のローテとか少し直しておいてねーって言うのと、今日は全員オフでいいよ」

がっつ・しゃぶ「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」

やんぐまん「さすがハンズさんwwwwwwwwwwwwww」

ラァス「キタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!」

ハンズ「ハーレムエースの補修が済むまで出撃られん、それにお前たちもこないだの戦闘よくがんばったしね」

ハンズ「じゃあそういうことで、俺は戻るから適当にやってくれー」



やんぐまん「ラァスさん、約束したよね????」

がっつ・しゃぶ「( ゚Å゚)ホゥ」

やんぐまん「次のオフに肉食べに連れてってくれるって約束したよね?」

がっつ・しゃぶ「肉イェ━━━━━ヽ( ゚Д゚)人(゚Д゚ )ノ━━━━━━イ!!」

ラァス「ちょっとwwwwwなんで2人まで行く気なのwwww」

やんぐまん「ラァスさんと肉食いにいきたいかぁぁぁぁぁぁぁ」

がっつ・しゃぶ「肉( `_ゝ´)フォォー」

ラァス「( ´゚д゚`)エーwwwwwwwwww」



【月面フォン・ブラウン 格納庫内ハーレムエース ブリーフィングR3】

カリカリ

カリカリ

カリカリ

胡蝶「そこまで、それじゃ採点するからまってて」

サリア「あー死ぬ」

サラ「余裕やでぇwwwwwこれでサリア私に負けたら2等兵ねwwww」

サリア「そういうもんじゃないでしょwww」


胡蝶「・・・」カキカキ


サラ「軍人さんもいろいろお勉強とかしてるんやなぁ」

サリア「だねぇw 大半は一般常識だったけどねw」

胡蝶「これは軍の入隊資格試験の学力検査の問題ですよ」

サラ・サリア「へー」

胡蝶「本当はこの試験で6割取れないと入隊できないのですが・・・」

サリア「350/500かぁ結構危なかったなぁ」

サリア「サラ?」

サラ「・・・」

サリア「Q元素記号H2Oはなにを差すか。 A,ヘニオ」

サリア「ヘニオってwwwwwwwwwなにwwwwwwwwwwww」

サリア「(3)3/8÷7/9  A.27/42÷56/42=0.482142 」

サリア「あの、サラ?」

サラ「( ^ω^)・・・」

サリア「サラさーん」

胡蝶「はぁ、サラちゃんは補習です」

サラ「ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!」

胡蝶「さっちゃんは今日は早いですけどもう終わりでいいですよ、艦を探検してみてください」

サリア「え?いいんですか?ww(さっちゃん?wwww)」

胡蝶「はい、大丈夫ですよー」

サラ「サリアー私を置いて行くのかーこの人でなしーウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!」

サリア「あーあー聞こえなーい」バイバイ

ウィーン

サラ「さりあぁぁぁぁぁぁウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!」









サリア「つってもどこ行くかなー」

サリア「んー」キョロキョロ

サリア「私の持ってきた服とかまだガンダムの中にあるのかな」

MSハンガー→

サリア「あっちか」




【月面フォン・ブラウン 格納庫内ハーレムエース 格納庫 clコックピット】


プシューウィーン

サリア「あれ、ないなぁ」ゴソゴソ

コロッ

サリア「あ、ピアスまたなくすところだった付けておこう」グッ

サリア「痛っ・・・つー久々につけるとホールふさがっちゃってるなぁ」

サリア「そういえばシートの下に応急バックがあったよなー」ゴソゴソ

サリア「あったあったwww膿んでも嫌だし消毒薬塗っておこう よいしょっと」


ピッピッ

pilot entry
Name:Salia chery corners
clGandam
-system of alia-

ウィィィィィィン


サリア「あぁ、そうかシートに座ると自動で起動するのか」


【Balkan】【SMAW】【Rocket Launcher】

【Beamsaber】【Beam incom】
【Beam cannon】
【Beam rifle】【Beam magnum】

サリア「いや、そんな物騒なものださないでいいよ・・・」

サリア「言語変換とかできるのかなぁ」

【対応言語 Jpaneseに変更しました】

サリア「おおうwwwwすごいなこれwww」




サリア「私にしか動かせない・・・か」

-system of alia-
【サリア・チェリ・コーナス】
【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】【】

サリア「ねぇ・・・機械なのに私の心を覗けるの?」

【質問の意図を理解できません】

【マニュアル】

サリア「うわっ鬱陶しいwww」

サリア「まぁ・・・読んでおいた方がいいよね・・・」




サリア「・・・(これに乗らなかったら私どうなってたんだろうな)」

サリア「死んでた・・・かな・・・」



サリア「はぁ、やめよう考えても無意味だ・・・」






【月面都市フォン・ブラウン1番街】

ラァス「はぁ」

やんぐまん「肉ー肉ーwwww」

がっつ「ラァスさんごちになりまーすwwwwww」

しゃぶ「ごちっすwwwwwwwww」

ラァス「約束したのはやんぐまんだけだからね!」

がっつ「またまたーwww」



やんぐまん「お、あったぞwwwww」

やんぐめん「名店千代苑」

がっつ「うおおおおおおwwww」

しゃぶ「テレビでよく見るやつwwwwwww」

ラァス「( ´゚д゚`)エーwwwwww」



ルナ「いらっしゃいませ、4名様ですねただいまご案内いたします」ペコッ

やんぐまん「1度来てみたかったんだよなぁwwww」

がっつ「めっちゃ高そうwwwww」

しゃぶ「これはやばいすねwwwww」

ラァス「(やばい・・・)」



ルナ「こちらがお品書きになります、ご注文お決まりでしたらお申し付けください。 それではごゆっくり」ペコッ


ラァス「ひ、開くわよ・・・」

やんぐまん「おすwwww」

がっつ「はよwwww」

しゃぶ「はよwwwww」

◆カルビ

カルビ焼

3,000円

中カルビ

3,200円

上カルビ焼

3,800円

カブリ薄切焼

2,400円

骨付カルビ焼

3,200円

壷漬カルビ焼

3,500円

◆ロース

ロース焼

3,600円

赤身上ロース焼

3,000円

上ロース焼

3,700円

上ヒレ焼

3,700円

◆ハラミ

ハラミ焼

2,600円

壺漬ハラミ焼

2,800円

◆タン

タン塩焼

3,000円

ネギタン塩焼

3,300円

たんざく厚切タン塩焼

2,200円

◆特選焼物

特選タン塩焼

5,500円

特選カルビ焼

5,500円

特選ロース薄切焼(2枚)

6,000円



パタンッ


ラァス「・・・」

やんぐまん「・・・ブフォッwwwwwwwwwwwwww」

がっつ「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwやべぇwwwwwwww」

しゃぶ「これわwwwwwwwww」



ラァス「これは4人前の値段よね?」

やんぐまん「ラァスさんすみませんこれ・・・1人前ですwwwwwwwwwあざーっすwwwwwwwww」

がっつ「  (なぁしゃぶここは普通に出そうぜ)」

しゃぶ「 (そうすねwww普通に食ってみたいから、この値段はダメすねwwww)」

がっつ「 (だなwwww)」



やんぐまん「それじゃ俺、カブリ薄切焼とハラミ、タン塩で」


がっつ「 (空気の読めるやんぐまんやでwwwwwwwwwww)」

しゃぶ「 (wwっうぇwwwっうぇwwwww)」

ラァス「私はサラダと野菜焼きでいいわ・・・」

がっつ「 (気まずいぜwwwwwこの空気の中特上くいてーとかいえねーぞwwwww)」

しゃぶ「んじゃおれは壷漬カルビ焼、壷漬ハラミ、あと短冊タンでー」

がっつ「 (ちょっとハードル下げてくれたでwwwww)」


がっつ「んじゃおれー・・・」

ラァス「(´・ω・`)」

がっつ「サラダとカルビと豚ハラミでぇぇぇ」

しゃぶ「 (根性なしめwwwwwww)」






ルナ「お待たせいたしました、以上でおそろいでしょうか?」

一同「はーいw」

ルナ「ごゆっくりどうぞ」ペコッ


やんぐまん「焼くぞーーーーーーーーーー」

一同「おーーーーーーーーーーwwwwww」

ジュー

がっつ「超いい匂いwwwww」

しゃぶ「やばいすねwwwwwwwwwww」

やんぐまん「タンはな、火を通し過ぎても焼かな過ぎてもいけねーんだ、このタイミングで一気に・・・」パクッ

やんぐまん「うめぇぇぇぇwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

がっつ「うまっwwwwwwwwwwwww」

しゃぶ「これはうまいwwwwwwwwww」

ラァス「ピーマンうめぇぇwwwwwシャッキシャキwwwwwwwwww」

がっつ「ラァスさん落ち着けまだ生だwwwww」



パクパク



やんぐまん「それにしても、みんな生きて帰って来てくれてよかったよ」

ラァス「全員死にかけたけどね」ジュージュー

しゃぶ「俺もデスペラードで出撃た時はさすがに死ぬと思ったわwwwww」

がっつ「だなぁwwww宇宙漂ってラァスさんに見つけてもらった時はすげー安心したよなwwww」

やんぐまん「これから戦争なんだな・・・」

しゃぶ「そうすね・・・」

ラァス「ちょっとwwww何泣いてるのよwwww」

がっつ「え?wwwwあれ?」ポロポロ

がっつ「だって・・・wwwあれwwwwこうやってみんなと食事してることがすげーうれしくなって・・・それで・・・」

やんぐまん「・・・」

しゃぶ「・・・」

ラァス「はぁ」

ラァス「すみませーん、特上全種類4人前とサンチェと魚介も適当におねがい、それとビール4つ、ジョッキで」

しゃぶ「ちょwwwwラァスさんwwww」

ラァス「いいのよwwww今日は私のおごりだから付きあいなさい!」

がっつ「ラァスさん・・・」ポロポロ

ラァス「泣くなwwwwこの戦争が終わったらまたみんなで食べに来よう!その時はがっつんのおごりでねw」

しゃぶ「wっうぇwwwwwこれは戦死したほうが楽かもしれないwwwwwwwwwwww」

やんぐまん「今日はラァスさんに甘えて食おうぜwwwww」

がっつ・しゃぶ・やんぐ「ごちになりまーっすwwwwwwww」

ラァス「おうwww」









【月面フォン・ブラウン 格納庫内ハーレムエース 格納庫 clコックピット】


フランクリン・コーナス「お前はお姉ちゃんと違って何度言っても分からないのか?」

ヒルダ・コーナス「どうしてお姉ちゃんみたいにできないの?」

サリア「・・・」

フランクリン・コーナス「お前は・・・」

ヒルダ・コーナス「お前は・・・」


サリア「やめて、比べないで・・・もっと私を見てよっやめてよっ」

サリア「私はお姉ちゃんじゃない、私は私なのっもう・・・やめてよ・・・」

サリア「嫌い、お父さんもお母さんも嫌い、お姉ちゃんも・・・大っ嫌い・・・」


それでも

それでも・・・・




サリア「ん・・・・夢?」

サリア「今何時だ・・・」


-system of alia-
【サリア・チェリ・コーナス】
【月フォン・ブラウン】【21:17】


サリア「寝ちゃったのか・・・」


ピーピー
-system of alia-
【サリア・チェリ・コーナス】
【外部回線】【ハーレムエース ブリッジ】


サリア「はい」

胡蝶「そこにいたんですか探したんですよ」

サリア「すみません、いろいろマニュアルとか呼んでたら寝ちゃったみたいで・・・w」

胡蝶「疲れてたんですね」

サリア「変な夢を見たせいで余計疲れました・・・」

胡蝶「さっちゃんの部屋教えるのを忘れてました、そこにあった私物も移動させてあります」

サリア「私の部屋・・・」

胡蝶「パイロットクロークで待っててください、今向かいます」

サリア「はい、ありがとうございます」


pilot logout
Name:Salia chery corners
clGandam
-system of alia-

プシューウィーン

タッ


サリア「新しいモビルスーツ・・・こないだはなかった機体だ」

サリア「今日から私はここでパイロットとして働く・・・」

サリア「もう学校も家も・・・ないんだな」






【月面フォン・ブラウン 格納庫内ハーレムエース パイロットクローク】

ウィーン

サリア「あ、胡蝶さん」

胡蝶「すっかりわすれててごめんね」

サリア「いえ、こちらこそわざわざすみません」

胡蝶「それじゃ案内しますね」

胡蝶「今はフォンブランの人口重力で歩くことができるけど、宇宙空間にでたらこの壁のバーにつかまって移動するのは分かるよね?」

サリア「えぇ・・・まぁwww」

胡蝶「そうねさすがにね」


胡蝶「パイロットの自室はMSデッキに近い区画に配置されてるから私やサラさんの部屋とは少し遠いんだけど大丈夫?」

サリア「・・・しょうがないですよ」

胡蝶「あと、本来はパイロットは1人1部屋与えられるのだけど・・・」

サリア「?」

胡蝶「今回は急なのもあって1人部屋を用意できなかったから相部屋になっちゃったんだ」

サリア「そう、ですか・・・」

胡蝶「しばらくしたら1部屋開けるからそれまで我慢してね」

サリア「いえ、部屋があるだけましですよw」



胡蝶「ここ、HAFS201がさっちゃんのお部屋」

サリア「ありがとうございます」

胡蝶「私物と生活用品は用意しておいたから何か足りなかったら明日また言ってね」

サリア「はい、ありがとうございます」

胡蝶「明日は8時半からブリーフィングR3にまた来てね、食堂は24時間空いてるから間に合うように朝食をとってきてね」


サリア「はい」

胡蝶「それじゃ、また明日ね」

サリア「また明日」








【月面都市フォン・ブラウン1番街 千代苑】


がっつ「なぁんで持ってんのっwwwwwww」

しゃぶ「なぁんで持ってんのwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

やんぐまん「飲み足りないから持ってんのwwwwwwwwwwwwwwwwww」

ラァス「wwwwwwww」ゴクゴク



ルナ「す、すみませんお客様ぁ 他のお客様のご迷惑になりますので」アワワ

ラァス「なによーwwww」ゲラゲラ

がっつ「wっうぇwwっうぇwwwww」

ルナ「オーナー(つд⊂)エーン」ダッ



千代ん「お前らうるせーんだよ帰れやボケカスゥ」

一同「ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ」






【月面フォン・ブラウン 格納庫内ハーレムエース サリア自室】

コンコン

サリア「おじゃましまーず」

ウィーン

パチッ

サリア「同室の人はまだ帰ってない・・・と」


【Salia chery corners】

サリア「こっち半分が私の方なわけだ」

ドサッ

・・・

・・・

サリア「・・・お父さん、お母さん。。。お姉ちゃん」

・・・

・・・

サリア「嫌な夢だったな・・・やめよう。シャワーでも浴びてくるか」

ガチャ

サリア「ん、私の服ちゃんと届けてくれたんだw  んと、タオルと下着っと・・・」

スタスタ

シャー






【月面フォン・ブラウン 格納庫内ハーレムエース パイロット居住区画】

やんぐまん「いやぁwwwwうまかったなぁw」

がっつ「ラァスさんごちそうさまっすwwwwwwwww」

しゃぶ「ごちっすwwwwwwwwwww」

ラァス「今月残りは塩御飯だけど気にすんなっwwwwwwww」

しゃぶ「まだwww給料日から1週間もたってないすよwwwwwwwwっうぇwwwwwっうぇwwww」

ラァス「なんとかなるwwwwwなんとかなるwwwwwwwww」


ハンズ「うわっくせっ」

がっつ「ハンズさんちーっすwww」

しゃぶ「ちっすwwwww」

ハンズ「んだよー焼肉かよー俺も呼ぶだろ普通」

やんぐまん「いやぁwwwwハンズさんまで来たらラァスさんもう灰になっちゃうところだったからwwww」

ラァス「うっさいなぁwwww安月給なのは艦長が上げてくれないからでしょwwww」

ハンズ「お?w 高いところいったのかwwwwいいなーこんどは俺も連れてけよー」

がっつ「ハンズさんのおごりでおねしゃっすwwww」

しゃぶ「しゃっすwwwwwwwwwwwwww」

ハンズ「いいぜーその代わりご飯の後にお姉ちゃんのいる店おごってね」

しゃぶ「いいすねwwwwwwwwいきたいすwwwwwwwwwwww」

ドスッ

ハンズ「いって」

ラァス「・・・」

ハンズ「wwwwwwwwww」



ハンズ「んじゃ明日からまた頼むわ」

しゃぶ「あれハンズさんまだ仕事っすか?」

ハンズ「おーいろいろなぁ始末書とかもあるぜ」

がっつ「おつかれーっすwwwww」

ハンズ「誰かわってくれてもいいよ」

一同「( ゚ω゚ ) お断りします」

ハンズ「んだよー艦長愛はないのかよー」スタスタ



がっつ「んじゃー今日は解散にするかぁ」

しゃぶ「そうすねー」

やんぐまん「明日から新機体の起動試験もやんなきゃいけなーから忙しくなるぜ」

ラァス「まぁいい息抜きになったよねー」

しゃぶ「っすねw」

ラァス「それじゃシャワー浴びて寝るわーおやすみー」スタスタ

がっつ・しゃぶ・やんぐ「おやすみなさーい」フリフリ




【月面フォン・ブラウン 格納庫内ハーレムエース パイロット居住区画HAFS201】

ウィーン

ラァス「あー焼肉くさっ」ヌギヌギ

ラァス「今日何曜だ・・・うえっ洗濯だせるの明後日じゃん」ポイッ

ガラッ

ラァス「やべっ、洗濯だしたの受け取りに行ってない・・・明日いかなきゃなぁ・・・」

ラァス「あー、さっきシャンプーも買ってくればよかったなぁ・・・」スタスタ

ラァス「最近どうにもこう忘れっぽ・・・い」

ウィーン

サリア「・・・」


ラァス「入ってたの?」

サリア「はい・・・」

ウィーン


ラァス「はぁぁぁぁぁ同居人も来る日だった・・・・」



ウィーン

サリア「あの・・・お待たせしました・・・」

ラァス「あ、あぁうん大丈夫!大丈夫! それじゃいってくるね」

サリア「はい」


ウィーン


ラァス「なんで私テンパってるの・・・はぁぁぁ」


シャー

キュッ




ウィーン

ラァス「さっきはごめんね」

サリア「いえ、私こそ、勝手に使ってすみませんでした」

ラァス「いいのよ、これから同じ部屋なんだから」

サリア「すみません、私のせいで2人部屋になってしまって」

ラァス「しょうがないわよ、急なことだったしね」

サリア「・・・」

ラァス「・・・」

サリア「・・・」

ラァス「・・・」

サリア「・・・」

ラァス「・・・」

サリア「あのっ」

ラァス「なに?」

サリア「これからよろしくお願いします」ペコッ

ラァス「よろしくお願いします」ペコッ

サリア「・・・」

ラァス「・・・」

サリア「・・・」

ラァス「・・・」

サリア「・・・(気まずい)」

ラァス「・・・(気まずいわぁ)」


サリア「・・・あの」

ラァス「・・・なに?」

サリア「髪、乾かしてきていいですか?」

ラァス「あぁ、うん、ドライヤー分かる?」

サリア「はい」スタスタ


ゴー

ゴシゴシ

ファサファサ


ラァス「・・・(はぁ、かなりきついこと言っちゃったからなぁ・・・)」

ラァス「・・・(わかってたけど気まずいわ・・・)」



パチッ


サリア「終わりました、ラァスさんも使いますか?」

ラァス「ありがと、名前覚えててくれたんだ」

サリア「えぇ・・・それわ・・・」

ラァス「・・・」スタスタ



ゴー

ゴシゴシ

ファサファサ


ラァス「・・・(完全に地雷踏んだわ)」


パチッ

スタスタ

ドサッ


サリア「・・・」

ラァス「・・・」

サリア「・・・」

ラァス「・・・」

サリア「・・・そろそろ寝ますね」

ラァス「・・・えぇ、私も朝から仕事だから寝るわ」


サリア「消しますよ」

ラァス「うん」ゴソゴソ

パチッ

サリア「・・・」ゴソゴソ

ラァス「・・・」


サリア「・・・」

ラァス「・・・」



サリア「・・・あの」

ラァス「・・・なに」




サリア「・・・こないだはすみませんでした。」

ラァス「・・・」


サリア「あんな言い方してすみません」



ラァス「・・・私も、悪かったわ」

ラァス「あんたのおかげで私も生きてるから・・・」

ラァス「感謝してるわ、ありがとう」

サリア「・・・」

サリア「・・・私は」

サリア「・・・」

ラァス「・・・」

ラァス「パイロットとして生きて、全部自分の思い通りにできることなんてないわ」

ラァス「私だって・・・」

サリア「・・・」

ラァス「自分にできることをやろうとして、真っ直ぐに歩いてきたつもりだけどそれでも・・・」

ラァス「自分を殺さなきゃやってられないことだってあるわよ」

サリア「・・・」

ラァス「・・・寝るわ」

サリア「おやすみなさい」

ラァス「おやすみ」










ピピピピッピピピピッ

ピピピピッピピピピッ

ピピピピッピピピピッ

ピピピピッピピピピッ

ピピピピッピピピピッ

ピピピピッピピピピッ

ピピピピッピピピピッ

ガッ

サリア「ん・・・」

ラァス「スースー」

サリア「何時・・・」

【08:24】

サリア「やっべ・・・・」



【月面フォン・ブラウン 格納庫内ハーレムエース ブリーフィングR3】

ズサー

サリア「おはようございますっ」

ウィーン

胡蝶「おはようございます」ニコッ

サラ「あぁ・・・サリア・・・おはよう」フラフラ

サリア「サラ?wwwwwどうしたのその目の下のクマwwww」

サラ「聞いて、聞いておくれよサリアウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!」

サリア「?www」

サラ「私の部屋は胡蝶さんとマコちゃんと同じ部屋になったんだけど・・・」



【月面フォン・ブラウン 格納庫内ハーレムエース サラ自室】


サラ「あーもう疲れたぁぁぁぁ」ドサッ

胡蝶「あら、休憩ですか?」

サラ「(´・ω`・)エッ?」

胡蝶「サラさんはまだ補習の半分も終わってないので明日サリアさんと同じように進めるためにこれもやってもらいますよ」

ドサッ

マコ「わーw なつかしいテキストがいっぱいwwww」

サラ「(゚A゚;)ゴクリ」

胡蝶「それじゃ10分休憩したら始めましょう」

マコ「あw私も手伝いまーす」

サラ「(´-`)死だ・・・死が迫っている・・・」



【月面フォン・ブラウン 格納庫内ハーレムエース ブリーフィングR3】

サラ「ということがあったんやウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!」

サリア「お、おうwwwwお疲れさまやwwww」

胡蝶「さっちゃん寝癖」

サリア「うえぇ」

胡蝶「よく眠れなかった?」

サリア「いえ、そんなことはないです・・・けどw」

胡蝶「そう」


胡蝶「それじゃ今日の授業を始めます」

胡蝶「今日は午前中は共通の授業を受けた後に午後はサラさんはオペレーションの基礎をマコさんに教えてもらってください」

サラ「サリアはまた休みなん?( ´゚д゚`)」

胡蝶「さっちゃんは私と現代MS運用基礎のお勉強です」

サラ「フフフッ死なばもろともだよサリア」


サリア「( ^ω^)・・・」

胡蝶「それじゃ始めますよ席について」





【月面フォン・ブラウン 格納庫内ハーレムエース 格納庫】

ズサー

ラァス「おはよう」

がっつ「遅いっすよwwwww」

やんぐまん「遅刻遅刻隊長殿が遅刻だぞーwwwwっうぇwwww」

しゃぶ「wっうぇww二日酔いっすか?wwww」

ラァス「もぉーあの子もあの子で一緒に起こしてくれればいいのに・・・」

がっつ「ラァスさんと同じ部屋になったんですかw」

ラァス「そう・・・気まずかったわぁwwwwwww」

やんぐまん「お互いすごい攻撃的だったからねwwwww」

ラァス「あんたなんて手錠かけたんだからもっと気まずいはずよ」

やんぐまん「wっうぇwwww」



ラァス「今日のメニューわ?」ンー

やんぐまん「午前中の内にOSの設定終わらせちゃおうぜ」

ラァス「午後からわっ?」ホッ

やんぐまん「各種武装のデバイスのインストールと1回外で動かしてみてデータとっちゃいたいなぁ」

ラァス「夕方までには終わらせてシュミュレーター繋いじゃいたいわね」

やんぐまん「だなー」

がっつ「それじゃキリキリ働きますかー」

しゃぶ「ぅーっす」

スタスタ

ラァス「んでルーさんわ?」

しゃぶ「長期で休暇取ってるみたいっすねw」

がっつ「いいなぁwwww俺も休暇取ろうかなぁ・・・」

ラァス「やることないでしょw休暇なんてとってもw」

しゃぶ「それもそうだwwwwwww」







【月面フォン・ブラウン 格納庫内ハーレムエース ブリーフィングR3】


胡蝶「それじゃここで午前の授業は終わります」

サリア「はーいお疲れ様でした」

サラ「・・・コクコク」フラフラ

胡蝶「ランチにしましょう」

サリア「お腹減ったなぁ」

サラ「・・・コーヒーだ、コーヒーをピッチャーでうんと濃いやつをくれ」

胡蝶・サリア「・・・」



【月面フォン・ブラウン 格納庫内ハーレムエース 食堂】


サリア「そういえば胡蝶さんは自分の仕事とかいいんですか?」

胡蝶「うん?」

サリア「私たちにつきっきりでお仕事溜まってませんか?」

胡蝶「大丈夫、マコちゃんも手伝ってくれるし停泊中はそこまでだから」

サリア「そうですかw よかったw」

サラ「(´☻ω☻`)コーヒーうめぇな 」ズー


胡蝶「それに私はもともとこっちが志望だったので楽しいです」

サリア「先生にでもなりたかったんですか?」

胡蝶「うんうん」

サリア「へー、なんで軍の仕事なんてやってるんですか?」

胡蝶「・・・」

サリア「あ、すみません。余計なこと聞いちゃいましたね・・・」

胡蝶「ううん、大丈夫」

サラ「(´☻ω☻`)もっとだもっとカフェインをよこせ」ゴクゴク






【月面フォン・ブラウン 格納庫内ハーレムエース ブリーフィングR3】

胡蝶「それじゃ午後の授業を始めます」

サリア「はい」

胡蝶「MSの概要は分かる?」

サリア「ミノフスキー粒子によってレーダーが役に立たなくなったことから有視界戦闘の重要性が向上しそれに伴い高い機動性を発揮するモビルスーツが生まれたでしたっけ?」

胡蝶「うんうん」


胡蝶「今のモビルスーツは機能向上に伴って付加機能が重要視され、その性能を更に向上させるべく、本来のMSにとって必要とされない装備が追加されていったせいで大型化してるのも知ってる?」

サリア「MSハンガーのガンダム、かなり大きいですもんね」

胡蝶「そう、でも今は大型のMSは維持するのにお金がかかるからって小型化していく流れがあるのも事実」


胡蝶「MSの世代別の・・・第4世代モビルスーツ・・・の・・・特徴・・・」


サリア「( ゚Å゚)ホゥホゥ」カキカキ


カキカキ

ペラペラ

カキカキ

ペラペラ

カキカキ

ペラペラ

カキカキ

ペラペラ


胡蝶「分かった?」

サリア「はいw 胡蝶さん教えるの上手ですねw」

胡蝶「(*ノェノ)」


サリア「そういえば、サイコフレーム・・・ってなんですか?」


胡蝶「サイコミュチップを封入した材質なんだけど、コックピット周辺に配置することで通常のサイコミュ装置よりも高密度のサイコミュ性能と機体のレスポンスを発揮する素材」

サリア「サイコミュ?」

胡蝶「サイコミュって言うのはサイコ・コミュニケーターの略称で」

胡蝶「人間の出す感応波を機械によって検知させ、それを機体に伝えることでその物や機外にある砲台の操作や従来のインターフェースを遥に凌ぐ情報伝達力で機体の性能を向上させるシステムの事。」

胡蝶「前の戦闘で全方向からの攻撃覚えてる?」

サリア「あれもサイコミュ・・・」

胡蝶「そう、一般的にはファンネルってよばれる兵器なの」

胡蝶「ただ、未知の分野が多すぎるから表向きには研究開発は止められてるはずなんだけど・・・」


サリア「袖付の機体にも、・・・・あのガンダムにもってことですか」

胡蝶「そう・・・」

胡蝶「サイコフレームを搭載した機体が共鳴を起こし特殊な磁場を引き起こしたり、サイコフレームの共振から物理エネルギー抽出したり開発者も想定していない現象が起こることもある不確定な分野なの」

胡蝶「だから私にもそこまで詳しいことわ(´・ω・`)」


サリア「いえw ありがとうございますw」


ピピピッ

胡蝶「はい」

胡蝶「分りました」

胡蝶「私は少し自分の仕事に戻るから今日はここまでにしよう」

サリア「はい、お疲れ様でした」





【月面フォン・ブラウン 格納庫内ハーレムエース 格納庫】



がっつ「それじゃ軽い流しでいいんだな?」

やんぐまん「うんうん、武装自体の出力データはこっちにあるから機動テストだと思って好きに飛ばしてこい」

がっつ「了解」

しゃぶ「やっぱ新しい機体は身が引き締まるすねwwww」

ラァス「そのだるだるのお腹のどこが引き締まってるんだか」

しゃぶ「昨日肉いっぱいたべたからっうぇwっうぇwwww」


ピピッ

胡蝶「みなさん準備いいですか?」

一同「システムオールグリーン」

胡蝶「今回はハーレムエース艦上からの離着陸はできないのでポートの簡易マスドライバーを利用します」

一同「了解」

胡蝶「指定位置まで機体を移動させてください」

一同「了解」


がっつ「がっつ機ポイントマーク」

ラァス「ラァス機、ポイントマーク」

しゃぶ「シャブ・P、指定位置に到着した」

胡蝶「了解しました、みなさんいくらデータ採取の訓練とはいえご無理はなさらない様に」

一同「了解」

胡蝶「がっつ機から発進どうぞ」


がっつ「がっつ、デルタプラス行きます」

胡蝶「続いてラァス機、どうぞ」

ラァス「ラァス機、出撃ます」

胡蝶「しゃぶ機、進路クリアどうぞ」

しゃぶ「しゃぶ・P行かせてもらおう」




がっつ「うおおおおおwwwwwwはえぇwwwwww」

がっつ「すごい反応速度wwwwwwいくでwwwwww」



しゃぶ「カットバックドロップターンとはやるながっつ」

しゃぶ「モビルスーツの性能の差が戦力の決定的差でないことを見せてやろう」

しゃぶ「乗れ、ラァス」


がっつ「可変からのウェブライダーかwwwww」

ラァス「これいいねw 今までできなかった連携もできそうやwww」

しゃぶ「がっつ、変形しろ」

がっつ「あいよwwww」

しゃぶ「ラァス、飛び移れ」

ラァス「え?wwwww 無理でしょwwwww」

しゃぶ「できるかなど聞いていない、やるかやらないかと聞いている」

ラァス「wwwwwwwwwwwがっつんミスったらごめんwwww」

がっつ「ミスったじゃすまないからぁぁぁぁwwwwwwww」

ラァス「どうにでもなああああれぇえええええwwwwww」

がっつ「うおおおおおおおwwwwwwww」ドンッ

ラァス「⊂(^ω^)⊃ セフセフ!!wwww」

がっつ「⊂(^ω^)⊃ セフセフ!!wwwwww」


しゃぶ「やるなぁ2人とも」


ピピッ

やんぐまん「あんまあぶねーあそびやってんなよwwwww」

ラァス・がっつ「wwwww」

やんぐまん「最高速度のデータもほしいからべた踏みしてきて、がっつんとしゃぶPはWRとMS両方で踏んできてね」プツッ



ラァス「競争しようずwwwwwwwwwwwww」

がっつ「しようずwwwwwwwwwwwww」

しゃぶ「行かせてもらおうか」










【月面フォン・ブラウン 格納庫内ハーレムエース 格納庫】

胡蝶「御疲れ様でした」

一同「おつかれー」


がっつ「なんでしゃぶはあんなデブリの中ではえーんだよwwwwwww」

しゃぶ「数々の女性のデブリ帯の中を掻い潜ってきた経験が生きてるwwwwwwwっうぇwっうぇwwwwww」

がっつ「あほかwwwwwwwwwwww」

しゃぶ「wwwwwっうぇwwwwwwwっうぇwwwwwwww」

ラァス「やっぱデルタプラス速いわねぇ」

がっつ「速過ぎてちょっと怖いわwwww」

しゃぶ「νもいいすよねwwwww」

ラァス「すごいいいよwwww派手さはないけどかなりついてきてくれるから乗ってて安定感がやばいwwww」

やんぐまん「おつかれー、データ十分とれたぜw」

がっつ「おーありがとw」

ラァス「すぐにシュミュレーターに回せる?」

やんぐまん「2時間くれ」

ラァス「了解」

がっつ「腹減ってきたなー」

しゃぶ「っすねー昼飯めし抜いたし食堂いこうずwwwww」

ラァス「いこっかw」






【月面フォン・ブラウン 格納庫内ハーレムエース 食堂】


サリア「   (グリプス戦役中期頃に実用化したサイコミュの簡易版が、一般的にバイオセンサーと呼ばれる)」カリカリ

ペラッ

サリア「  (あくまでも機体のコントロールシステムの補佐を行う機能を有する種類のデバイスとして・・・)」カリカリ



サリア「フー( パイロットの精神に反応して機体が応える・・・サイコミュ技術ってすごいな)」




ウィーン


がっつ「お」

しゃぶ「ん?」


サリア「あ、お疲れ様です」

ラァス「なにしてんの?w」

サリア「え?w あぁ少し気になったので調べものですw」

がっつ「サイコ・コミュニケーター概論?wwww」

がっつ「しゃぶわかる?wwww」

しゃぶ「わかんねヽ(゚∀。)ノウェwwwww」

ラァス「今、胡蝶さんと研修やってんだっけ?」

サリア「はい」

ラァス「宿題?」

サリア「いえ、気になったので」

がっつ「まじめwwwwwwwwwwwwやべぇまじめwwwwwwwwww」

しゃぶ「サイコ・コミュニケーター分野なんてオールドタイプには必要ない(゜ω゜´ ) キリッ」

ラァス「はぁぁ、オールドタイプ用のサイコミュ兵器も20年近く前に実用化されてるわよ・・・」

がっつ・しゃぶ「(´・ω`・)エッ?wwwwwwww」






がっつ「今度歓迎会とかやんなきゃな」モグモグ

しゃぶ「いいすねwwwwww」モグモグ

ラァス「もうおごりは嫌だからねwwwwwwwwww」

しゃぶ「( ´゚д゚`)エーwwwwwwww」

サリア「いいですよそんなのwwww」

がっつ「いや、こないだの礼もできてねーしなww」

しゃぶ「そうすねw あの時はマジで助かったwwww」

がっつ「ありがとな」

サリア「そんな・・・w」

しゃぶ「これからパイロットになるんでしょ?」

サリア「一応はそのつもりです」

がっつ「そっかぁ、んじゃこれから仲間だ! よろしくな」スッ

サリア「えっと」

がっつ「ん、握手だよ」

サリア「はい・・・よろしくお願いします」ギュッ

がっつ「おう! 俺はガッツ・オメコントリー」


しゃぶ「しゃぶ・Pっす!よろしくね」スッ

サリア「サリア・チェリ・コーナスです、よろしくお願いします」ギュッ

しゃぶ「知ってる知ってるwwwwこの艦で知らない人はいないと思うwwwww」



がっつ「ほらw ラァスさんも」

ラァス「え?w私?w  私は昨日部屋で」

がっつ「パイロット仲間としてやwww」


ラァス「ラァス・ラ・フィーリア、よろしくね」スッ

サリア「はいっw 知ってます・・・w」ギュッ




がっつ「もう1人ルーデルトってやつがいるんだけど今休暇中でいねーんだwwww」



そのころ


【月面都市フォン・ブラウン 歌舞家町】

ルーデルト「あやめちゃん今日も来ちゃったwwwwwww」

あやめ「うれしーwwww」

ルーデルト「やべぇwwwwwwwwwwやべぇwwwwwwwww」






【月面フォン・ブラウン 格納庫内ハーレムエース 食堂】


がっつ「んでさwwwwしゃぶがさwwwww」

しゃぶ「いやあれは誰だってフリだって思うでしょwwwwwwwwww」

サリア「wwwwwwwwwww」

がっつ「おもわねーだよwwwwwwwデブリ直撃して俺も俺で良く生きてたわwwwwwww」

しゃぶ「がっちゅんのタフさは異常wwwwwwうぇwwwwwwwww」



ウィーン


サラ「・・・」フラフラ


サリア「サラ!」

サラ「ぁりあ・・・さぁぁぁりあぁぁぁウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!」

サリア「どうしたのwwwww今度は何があったwwwww」

サラ「マコちゃんがマコちゃんがいじめるんやウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!」


ウィーン


マコ「いじめるとか人聞き悪いなぁwww」

マコ「オペレーションは艦全員の命を預かる大事な仕事なんだよー」

サラ「だからってミスるたびに電流流すことはないじゃないかウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!」



しゃぶ「電流wwwwwwwwwwっうぇwwwwwっうぇwwwwwwwwwwwww」

がっつ「やりすぎやろwwwwwwww」

サリア「サラ・・・(私が小っちゃいころはもっとひどかったとか言えないよ・・・)」



マコ「あw やぁやぁMS隊」

マコ「休憩ですか?w」

ラァス「そう、データ来るまで休憩w」

マコ「ご一緒しても?」

ラァス「どーぞ」




サラ「サリア、私は思うんだよ、この世には間違えた選択もあるんだってことがね」ズズー

サリア「なにが?w」

サラ「この艦に乗ってしまったことやウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!」

マコ「みんな最初はそんなもんですよww」

ラァス「がっつんなんて最初はさぁwwww」

がっつ「おいwwwwやめろよwwwww」

しゃぶ「俺パイロットなんて無理・・・できない・・・ だっけwwwwっうぇwwwwwっうぇwwwwwwwwwwwwww」

がっつ「おいィ?wwwww」

ラァス「そうそうwwwwwwwww」

サリア「wwwwwww」

サラ「わかるでぇその気持ち痛いほど分かるでぇ(´♋д♋`)ゥルゥルッ…」



ラァス「マコちゃんもさwwwwwwww」

マコ「ちょっとwwwwwwやめてくださいwwwwww」

サラ「くわしぅ!wwwwww」

がっつ「怒られるたびにMSハンガーに逃げてきてあーん、もうやだぁソルさんとこ帰りたーいってwwwwww」

マコ「ちょっとぉぉぉぉwwwwwwwwwwwwww」

しゃぶ「それでるーさんが俺がそーるさんだよとか言い出したらマコちゃん、ソルさんはこんなに気持ち悪いしゃべりかたしないとか言っちゃってwwwwwwwwwwww」

ラァス「るーさん涙目になりながらwwwwwwwww和ませてやろうとしたのにもうしらねーよって怒っちゃってwwwwwwwwww」

マコ「やめてくださいよwwwwwもぉぉwwwwww未だにルーさんに会うたびに言われるんですからwwwww」




ラァス「まぁ1番はサリアだけどねwwwwwwwwwwww」

がっつ「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

しゃぶ「wwwwwwっうぇwwwwwっうぇwwwwwwwwwww」

サリア「えぇぇえええ? それはラァスさんにみんなが・・・」

サラ「私が知らないところで何したんやwwwwwwwwwwww」



ラァス「サラを人質にして私に言うことを聞かせて。。 それが軍のやり方だって言うんですかっ?」キリッ

しゃぶ「ブフォォwwwwwwwwwwwwwwww」



ラァス「どいてくださいよ、そんなところでモニターに大の大人が何人もかじりついてたって状況は変わりませんよ。
」キリッ

がっつ「wwwwwwwwwwwwっうぇwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」


ラァス「なんですか? 今度はカレス大尉の命令で出撃するんです、あなた達に止められる筋合も拘束される筋合いもありませんよ」キリッ

マコ「キリッwwwwwwwwwwwwwwwwwキリッwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」



ラァス「殴るなら殴ってくださいよ、それで気が済めば安いもんですね」キリッ

サラ「もうやめてwwwwwwwwwお腹痛いwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwさwwwwwwりwwwwwあwwwwwww」


サリア「・・・」


ラァス「こんなところに居てもなにも変わらない、ただ危ないだけだ。ブリーフィングまで下がっていてください」キリッ

サリア「もうやめてえええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ」


サリア「私が悪かったです本当に私が悪かったですごめんなさいすみませんすみません」

サリア「あーあーあーあーあーあーあーきこえなーいきこえなーい」


一同「wwwwwっうぇwwwwwwっうぇwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」


サリア「もうやだぁぁぁウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!」

サラ「サリアが1番のバカ野郎やったでぇwwwwww」

がっつ「あの時はすげー気の強い子なのかと思ったけどこうやって聞くとただのあほやなwwwwwwwwwww」

しゃぶ「そうっすねwwwwwwwwwwww」

がっつ「あれ、でもさ」

しゃぶ「なんすか?」

がっつ「しゃぶあんとき漏らしたよねwwwwwwwwwwww」

サラ「え?wwwwwwwwwwwwwww」

しゃぶ「ちょwwwwwがっつんwwwwwwwwwwwwwwwwやめてwwwwww」


ラァス「そうそうwwwwwwwwwサリアを気遣って泣いてるのかと思ったら漏らして泣いてんのwwwwwwwwwww」

しゃぶ「そういうプレイだったのぉぉぉwwwww」

がっつ「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」


サラ「なにここwwwwwアホしかいないのwwwwwwwwwww」





しゃぶ「もう許さねー」

しゃぶ「ラァスさんさ」

ラァス「え?なによwwwww」

しゃぶ「俺こんなのさっき見つけちゃったんだけど」

【ラァス・ラ・フォーリア】

ラァス「ちょっとまって・・・なんであんたがもってんの?」

しゃぶ「さっきリゼルのOSチェックしてる時にRGZの運用データ見ようと思ってRGZのコックピット入ったらみつけたったwwwwwwwwwww」

ラァス「ないと思ったら・・・そんなところに・・・」

サリア「それなんなんですか?」

しゃぶ「パイロットは出撃するとき帰ってこれるか分かんないから遺書書くんすけど、パイロットの願掛けみたいなもんで本心を書いた遺書を一緒に持っていくんすwwwww」

マコ「ラァスさんの赤裸々な気持ちがつづられた手紙ってわけですねwwwwwwwwwww」ワクワク

ラァス「( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁー! やめてぇぇぇぇぇぇ」

がっつ「うわっぁぁぁ俺も絶対降りる時忘れない様にしよう・・・wwwww」

ラァス「え、まじで?マジで読むの????え?嘘でしょ?」

サリア「ラァスさん、今更それは無理です」

ラァス「ちょっとおおおおおおおおおみんなごめんね、ごめんね???」

サラ「はよwwwっうぁよwwwwwwwwwwwwwww」



しゃぶ「あなたがこの手紙を読んでるってことは・・・・ブフォwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

がっつ「意外と古典的なwwwwwwwww書き出しwwwwwwwwwwwwww」

マコ「これは恋文wwwwwww恋文の予感wwwwwww」

ラァス「やめてぇぇぇwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」


しゃぶ「いつも素直になれなくてごめんね、でも、こんな時くらい本当のきもtwwwwwwwwwっをwwwwwwwかきまwwwwwwwwwwすwwwwwwwwwwっうぇwwwwwwwwっうぇwwwwwwwwwwwwwwwwww」

ラァス「ホントお願いwwwwwwwwwwwwwまじでwwwwwwwwwwwwなんでもおごるからwwwwwwwwwww」

がっつ「千代苑でも???」

ラァス「もうどこでもいいからぁぁぁぁぁぁぁやめてぇぇぇぇぇぇぇ( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁー!」

がっつ「しゃぶさんどうしますか?」

しゃぶ「なんでもおごってくれるの?」

ラァス「なんでも(´;ω;`)ウッ…なんでも(´;ω;`)ウッ…」

しゃぶ「じゃー、私みたいなかわいくなれない女でも愛してwwwwwwwwwwwwくれてぇwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

ラァス「あああああああああああああああああああああああああああああああああああああふぉおおわああああああああああああああああああああああああああ」



ウィーン


ハンズ「お前ら何してんだようるさいぞー」


ラァス「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」バッ

しゃぶ「おちょwwwwwww」

ラァス「なんでもなぁぁぁぁい」ビリビリビリビリ

一同「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

ハンズ「はぁ?」

ラァス「なんでもないから、ね、なんでもないよね?」

一同「なんでもないでーすwwwwww」

ハンズ「んだよーまた俺仲間はずれかよー」スタスタ


ラァス「はぁぁぁ」

ラァス「しゃぶ次の出撃の時私に近くによるなよ」

しゃぶ「なんでっすかwwwwwwww」

ラァス「私に撃たせないで」


サリア「私に撃たせないで」キリッ

サラ「ブフォォwwwwwwwwwwwwwwww」

マコ「キリッwwwwwwwwwwwww」

ラァス「あんたまでなんなのよぉっぉぉぉぉぉ」

サリア「wwwww」




【月面フォン・ブラウン 格納庫内ハーレムエース 食堂前廊下】

胡蝶「艦長、ご苦労様です」

やんぐまん「おつかれーっす」

ハンズ「おう、新機体のシミュレーターのデータ上がったか?」

胡蝶「はい」

やんぐまん「シミュレーターにデータを上書きし終わったら終わりなんであと30分くらいで終わりますよ」

ハンズ「そうか、ご苦労」

胡蝶「艦長も休憩ですか?」

ハンズ「いや」



ちょっとwwwwwwもーwwwwwwなんなのぉぉぉぉ

wwwwwwww

ラァスさんってこんな人だったんですかwwwww

wっうぇwwっうぇwwwwwラァスさんのキャラ崩壊wwwwwwwww


胡蝶「食堂、さわがしいですねw」

やんぐまん「んだよー俺らが働いてる間に楽しそうにやってんなーwwwww」

ハンズ「あぁ、いい艦だな・・・と思ってな」


ウィーン

お前ら人が仕事してる間にたのしんでんじゃねーぞwwwww

おつかれーwwww

ウィーン


ハンズ「胡蝶」

胡蝶「はい?」

ハンズ「あの子たちの事頼むぞ」

胡蝶「はい・・・?」

ハンズ「大人の都合で巻き込んだんだ、せめて・・・」

胡蝶「はい、分かってます」

胡蝶「でも、2人ともすっかりなじんだみたいで私の出番はないかもです」

ハンズ「そんなこともないさ」スタスタ

胡蝶「・・・」ペコッ


ウィーン


胡蝶「皆さん楽しそうですねw」

サラ「あ、胡蝶さんもおつかれさまです!」

一同「おつかれーwwwww」



ウィーン



【月面フォン・ブラウン 格納庫内ハーレムエース 艦長用個室】


ハンズ「  (AEからの人員補充名簿)」ペラッ

ハンズ「 (強化人間・・・アナハイムが予定した本来のcl搭乗予定者)」

ハンズ「 (コロニーを襲撃したアンノウンMS・サイコミュ搭載型のジオニックMS)」

ハンズ「 (あれはどこから出てきた? なにか裏があるのか・・・)」



コンコン

ハンズ「誰だ?」

カレス「私です、少しお話したいことが」

ハンズ「今開ける、入れ」



【つづく】


コメント

おもしろかったわあ!
続きはよはよ

世間はゴールデンウィークか…(´;ω;`)
日本の半分、車で縦断してくる…!

おつおつ!

やっぱおもろいなw
ラァスの遺書のとこでニヤニヤしてしまって悔しいわwww

No title

あやめさんの扱いについてwww

No title

やばいwwおもしろいwww
そして続きが気になるぅうううう
ルーさんは毎日なにやってるんやwwwww

No title

>>らぁたん
らぁたんはよくかえってきてー(つд⊂)エーン
ラァたん成分が不足して死にそう(✿´◕ ⋏ ◕)

>>兄さん
兄さんも出せるようにがんばる(`・ω・´)

>>椅子さん
あやめさんの扱いは正しいはずやでwwwwwww

>>しゃぶP
空メンに役割がもててよかったでぇぇぇ(´♋д♋`)ゥルゥルッ…
続き頑張るでぇぇぇぇ
るーさんは日々日々風俗かよいですウー c(`Д´c)

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

ありちあ

Author:ありちあ
完美世界
ベテルギウスサーバー
あの空の彼方へ所属

完美世界で最もひどい検索ワードで検索することができるブログです。

おそらく本来の目的と違う結果に落胆してブラウザバックをする人もいるでしょうが

どうでもいいか

■Main
ALITHIA/オワコン/102

■Sub
紗智子/魔妖精/101
*胡瓜ノノ*/農産物/102
✿Cynthia/召喚/92

すぷらしアンテナ
http://www.sprasia.com/user/alithia/
あいびおアンテナ
http://eyevio.jp/user/kbf1e4580c0edd09ffd74da93c94ba351


アンテナ殿堂入り
ここは歴代の猛者が眠る場所

遮那王2012年4月6日

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
とぅうぃったー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。